yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

奇巌城

【奇巌城】モーリス・ルブラン 石川湧訳 創元推理文庫 ★★★★ 2005.1.14 

アルセーヌ・リュパンシリーズ

 

 展開の目粉しさ(めまぐるしさ)と、リュパンの一途なロマンスの対比が眩しい作品。ホームズをも凌ぐライバルの出現やフランス史上の大いなる謎を絡めるという贅を尽くしたストーリィで、次回作もこれ程の質を保てるのかとつい要らぬ心配をしてしまう。
 暗号解読では「黄金虫」以来(他にもあった気もするけれど)の興奮を覚えた。

広告を非表示にする