yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

【雁】森鷗外 岩波文庫 ★★★★ 2005.4.27

 

 人と人の間にはいつもドラマがあるのだなと考えさせられる。出会いには、出会うだけの偶然や必然のドラマがある、とは誰もが思うところだろう。一方で、出会わないということにさえも、それだけの偶然や必然のドラマがあるのだ。

 時期的なもので、岡田の果断について、思うところが多い。お玉を鏡に末造と岡田は好対照で、目先の利に囚われず、人生レベルの長期的な視野から、機を見て取る岡田。倣いたい。

 雁は美味いのだろうか。

 

***

 

 がんもどきは、雁の肉の味に似ているところから、そう命名されたらしい。

広告を非表示にする