yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

山椒魚・遥拝隊長 他七篇

【山椒魚・遥拝隊長 他七篇】井伏鱒二 岩波文庫 ★★★★ 2005.5.15

 

 某氏が、井伏作品の口語はつげ義春を思わせる(時系列から言えば勿論逆の言いだけが真であり得るが)ということを言っていたのを聞き覚えていて、長らく経って手に取った一冊。

 「山椒魚」さえ初読。これほど物語世界が限定された作品を私は他に知らない。

 「休憩時間」も舞台の狭い話だが、好きな形をしている。一定の箱(枠組み)があって、中身だけがころころ変わる。カレイドスコープのような。

 「へんろう宿」が秀逸。“つげ的”であるし、こういう叙情的経験を引き寄せ、意識的に、また確実に拾い上げる才を羨む。この一篇は時々読み返すようにしたい。

広告を非表示にする