yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

ブックデザイン 復刻版

【ブックデザイン 復刻版】ワークスコーポレーション ★★★★ 2007.2.21

 

  ブックデザインに関する雑誌。隅から隅まで読んだ。これを読んでいる頃から、本を検め方が、ずっと丁寧になったように思う。

 装画を気にし出したのは、ミステリを集中的に読み出した頃の大路浩実氏の手によるノベルスや文庫作品によった。それから自然と辰巳四郎氏を知り、その内、装画より装幀寄りの菊池信義氏や鈴木成一氏らの名を知っていった。その内、新刊本屋の巡検で、ハードカバーの乙一「失はれる物語」や森博嗣スカイ・クロラ」などの装幀に衝撃を受け、積極性の強い装幀に惹かれていく。作家のWeb日記や装幀家の雑誌記事やエッセイを読んでいる内、本の作りや各部の名称を知って、遂に京極夏彦氏の「文庫版 絡新婦の理」のDTP入稿によって、文字組やフォントへ注がれていた配慮を知り、縁の下的部分を含めて、ブックデザイン全体に興味を持つようになった(それでもまだ体系的に知ろうとは思わないレベルではある)。

広告を非表示にする