yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

屍鬼(四)

屍鬼(四)】小野不由美 新潮文庫 ★★★ 2007.3.29

 

 長く描かれる人物に何かしら情が移るのはあることだが、この長い作品にはそういう人物が何人も出てきて、しかもそういう者ほど、過酷な扱いを受け、苦渋の選択を強いられたりする。

 最終巻を前に少し静かな巻だった。最終巻に進む。

広告を非表示にする