yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

自殺について 他四篇

【自殺について 他四篇】ショウペンハウエル 斎藤信治訳 岩波文庫 ★★★ 2007.4.15

 

 共苦という考え方と共に、氏の名を知り、何となく気になっていたのでとにかく一冊読んでみた。

 とても全部は理解できようもないが、二篇目が詩的表現多く、気に入る。

 一体我々の生命は極微、時間と空間という度の強いレンズで、極大化を強いて見ている。

 「君が死んだ後には、君が生まれる前に君があったところのものに、君はなることだろう。」

 未だこのあたりのアフォリズムに救われているようでは、おぼこいと言われても仕方ないのだろうか。

広告を非表示にする