yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

世界悪女物語

【世界悪女物語】澁澤龍彦 河出文庫 ★★★ 2007.9.16

 

 ルクレチア・ボルジアを一人目の悪女として採り上げており、偶々ジュサブロー氏作の彼女の人形(の写真)が強く印象付けられたばかりと実にタイムリーに目に留まって、奪うように手に取り、読ませてもらった。けれど、あまり彼女についての、具体的イメージが付加されることはなく。「ボルジア家の毒薬」という映画タイトルは、いつか観るためにここにメモしておく。

 メアリ・スチュアートについては、澁澤氏が大いに肩入れしていることもあって、可憐に映る。全体に悪女の解釈が緩やか。

広告を非表示にする