yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

薔薇の葬儀

【薔薇の葬儀】アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ 田中義廣訳 白水Uブックス ★★★★ 2007.10.27

 

 残酷成分も多いが、エロスが特に豊穣。久々に当たりの幻想譚で、七篇全て堪能した。

 同版元より多数の作品が出ているようなので、是非ともさらに深入りしてみたい。

 マンディアルグを読もうと思ったのは、何がきっかけだったか。ゴッホと浮世絵のように、或る種親日的な表明だと安直にも思えてしまうミシマやタニザキへの氏の言及が、どこかで紹介されていたからだったようにも、あるいは、「薔薇の葬儀」なるタイトル一つに心掴まれたからだったようにも思えるが、はっきりしない。

広告を非表示にする