yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

パルタイ

パルタイ倉橋由美子 新潮文庫 ★★★ 2007.11.8

 

 氏の初期の小説には、私の他に、L、P、Q、Sなどが出てくるが、だいぶ素性がつかめてきた。Pは男性性、Lは女性性、Sは反体制、Qは……彼はよく分からない。「スミヤキストQの冒険」まで追ってみたらもう少し肉付いて感じられるかも。いや、そうだろうか。氏のこの手の小説は、あまりにも匂いがせずメタリック。界面のバリアハイトが高いので、作品を体内に取り込めないような印象が強い。

 一方で、その後の作品には桂子さんらが登場するもっとずっと潤みのあるシリーズもあり……。

 「パルタイ」を読もうと思ってやっとここまできたが、手を引っ込めるのはもう少し先でも良さそうだ。

広告を非表示にする