yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

縛られたプロメーテウス

【縛られたプロメーテウス】アイスキュロス 呉茂一訳 岩波文庫 ★★★ 2007.12.20

 

 絶対者のゼウスの命により、プロメーテウスが兄貴分のヘーパイストスの手によって岩山に縛られる。その相関やヘーパイストスの逡巡が描かれる前半は、悲劇的には、言ってみれば分かり易いのだけど、後半の、長々しきイーオーへの今後の話や、何やら茶々を入れるヘルメースの話は、頭に入らず退屈だった。エピソードが多いために、本筋の今の状況がどこ吹く風といった風だから。ギリシア神話の全体をもう少し知っていたら、違っていたかもしれない。

広告を非表示にする