yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選】寺山修司 講談社文芸文庫 ★★★★ 2008.5.4

 

 寺山修司初接触。萩原朔太郎の持つ“哀切かぎりなきえれじい”を、無水エタノールで少々脱水し、更に孤独のフィルムを全身に低温癒着させて、常に背中が見える姿勢を取らせる。そうして、時々は、足穂一千一秒物語的な、素朴な焼き菓子をぽろつかせる。そんな感じ。

 詩を収めた一章が、最上。僕も5月が好きだ。十分に寒さが融けて、萌え出ずる新緑のやわやかさ。

 俳句、短歌の二章、三章は、やや難読(読み解きがたい)だったが、自由律多用で、感覚や単語が現代的だったとの印象。まあ本当のところあまり分からない。もう一点、青森、或いは古里(古里は、この瞬間も古びているのだ)が強いテーマとして多く詠まれる。しつこいが更にもう一点、氏は文学者の命日に詳しいようである。歳時記を紐解けば、ずらずら知れるところなのかも知れないが、これは新鮮な視点として自分も意識して、時に覚えていくようにしたい。

広告を非表示にする