yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

バースデイ・ストーリーズ

【バースデイ・ストーリーズ】村上春樹編訳 中央公論新社 ★★★ 2009.1.22 村上春樹翻訳ライブラリー

 

 この本は、人にあげたことがある(それはハードカバーだったという違いはあるが)。しかし、結構一気読みするには厄介な作品が多くて、こんなものを誕生日に贈られて、今から思えば、相手も困ったのではないかと思う。大体自分で読んだこともないものをあげたのだから、面白いかどうかも請け負えなかった。相手が読み終えてくれたとしても、私はこの本についての良き話相手にはなれない。数年後にこちらこうしてやっと読んだが、今またこの本の話を振ってみたって、相手はもうさすがに内容までは覚えていないだろう。

 コンテンポラリー(同時代/現代的)な作家による誕生日譚のアンソロジー。まあそういう趣向のアンソロジーであるから、誕生日の扱いがさり気ないものより、思い切り中心を占めていて、誕生日とその当の本人が真っ向対峙するものが読み応えがあったと思う。だから「永遠の頭上に」を一番に推したい気持ちだ。私は18歳を過ぎた頃から自分の誕生日に冷たい態度でやってきた。20歳の誕生日の記憶も一切ない。と、実際の通りに書くと、改めて何だか切ないようである。まずは次回の誕生日、先の正月よりも自身を見つめ直す機会にしてみたい。

広告を非表示にする