yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

鬼会

【鬼会(おにえ)】赤江瀑 講談社文庫 ★★★★ 2009.3.29

 

 7篇収録。いつもながらどの篇も端正な作りだが、本作は全篇特に質が高く感じ、何度も書くが赤江瀑作品にしばしば感じられる、毎度違うネタを扱っているのにどうしてこうも読み味が同じなのか、といったところからの飽食感が湧くことはなかった。しかしそういった過去の経験に基づく警戒心から、丁寧に毎晩1篇ずつ、というペースを崩さずに読んではいる。

 末尾の一篇「夜叉の舌」はどうも読んだことがあるような気が。角川ホラー文庫の自選短編集で読んだかも。実家に帰ったときに確認したい。蜘蛛が糸と共に垂れてくる絵に精を重ねるとは。絶品の構図。

広告を非表示にする