yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

ガリヴァー旅行記

ガリヴァー旅行記】スウィフト 平井正穂訳 岩波文庫 ★★★ 2009.3.30

 

 旅行に携行する本を選ぶとき、私は旅行記を選ぶ傾向があるのだが、これもそのように読まれた一冊。

 各所で註釈を引くと、スウィフトの時代の諷しまくりの様がよくよく分かってくる。それはそうと、人は他者に相対すると、相手を小人のように、または大人のように、さらには獣人のように目して、我が身を大人のように、小人のように、使役者のようにと、それ相応の態度を装うものだ。話の通じない相手には、夢想的だと揶揄したり、こちらの言い分に応えない相手には、狭量だ小心だ、と決めつける。本書は、そういう見知らぬ人同士、異文化に育った人同士が相対した時の、人間図巻の体がある。

 フウイヌム国にいるヤフーだが、これは(家畜人)ヤプー命名の元ネタの一だろう。

 「ガリヴァー旅行記」(1726/1735年)は、トマス・モア「ユートピア」(1516)とダニエル・デフォーロビンソン・クルーソー」(1719)があって生まれた。

広告を非表示にする