yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

海峡

【海峡 この水の無明の真秀ろば】赤江瀑 角川文庫 ★★★★ 2009.7.4 第12回泉鏡花文学賞受賞作

 

 エッセイだが、そうと知らず読み進んでいた。破片Aなど、如何にも小説らしく、実話だとすると奇妙な話である。事実は小説より奇なり、とはいうが……(或る無類の本読みは、そう言う人は余程本を読んでいないのだろうと言っていた)。

 後々、それも数年越しの尾を引く知人友人の言葉。何かしらあるもので、人生のさまざまな場面で、不意に思い出されたりする。Aのような極端に謎めいた言葉を発する人は、これまでに接触する機会を得なかったけれど。

 血天井という観点で名所巡りをするのは楽しそう。

広告を非表示にする