yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

愛の続き

【愛の続き】イアン・マキューアン 小山太一訳 新潮文庫 ★★★★ 2009.12.29

 

 エンデュアリングラブというのが原題。そうと知らず読み切った後で、解説文により教えてもらった。これ以上ないと思えるぴったりの題だ。エンデュランスという言葉は、工学分野では耐久試験という意味で使われることがある。ある定負荷をかけ続けた時の、対象の持久力・耐久性を試験することだ。そんなわけで、エンデュランスを取り扱う小説は長篇になるのは当然かと思う。一定の負荷をじっとかけ続けられた試験体としてのジョーの、まことに徐々たる変化を、薄く薄く塗り重ねていく。そのような中盤が最も読みどころかと思った。

広告を非表示にする