yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計1595円。

 

a)ギャラリー6cにて。→初入店、本購入無し。

 

b)ブックオフ西宮建石店にて。→初入店。

1・奥泉光『バナールな現象』集英社文庫 ¥350

2・マリー・ローランサン、大島辰雄訳『夜の手帖』六興出版 ¥105

3・野坂昭如編『日本の名随筆8 死』作品社 ¥105

4・串間努、町田忍『ザ・ジュース大図鑑』扶桑社文庫 ¥105

5・アルベルト・モラヴィア、千種堅訳『孤独な青年』早川文庫 ¥105

6・サロメ、福田恆存訳『サロメ』岩波文庫 ¥105

7・東雅夫編『黒髪に恨みは深く 髪の毛ホラー傑作選』角川ホラー文庫 ¥105

8・マルキ・ド・サド、澁澤龍彥訳『新ジュスティーヌ』河出文庫 ¥105

9・村上春樹、佐々木マキ・絵『羊男のクリスマス』講談社文庫 ¥105

10・沼正三『家畜人ヤプー 第5巻』幻冬舎アウトロー文庫 ¥105

 

c)栄文社書店にて。→初入店。

11・耕治人『一条の光・天井から降る哀しい音』講談社文芸文庫 ¥100

12・内田亨『象牙の河馬』ミリオン・ブックス ¥200

 

d)空夢箱にて。→初入店、喫茶利用、本購入無し。

 

***

 

 a)の古本市狙いで、兵庫県まで行ってみた。a)では、本購入は無かったものの、稲垣足穂つげ義春の、それぞれ見たことのない珍しい本を開くことができて、良い時間を過ごせた。

 

 b)の店の前に、c)の店の店頭を通りかかったのだが、まだ開店前だったので、先にb)へ行った。

 1は行商向け。おすすめ本。

 2は、少々気になっている詩人の本ということで買った。アポリネールらと同世代らしい。

 3は、いわずと知れた?名随筆シリーズ。百年文庫はこの型を利用した、短編フィクション版と言えると思う。

 4は行商向け。肩肘張らず読めそうな本があっても良い。

 5は、河出文庫の『倦怠』で名前だけ覚えていた作家。何だか珍しそうなので買ってみた。

 6は、すぐ見つかりそうでそうでもないように思う岩波文庫作品。ビアズリーの挿絵入り。

 7は、伊藤人譽作品が収録されているので買ったもの。その収録作は、別の版元の本で既読なのだが、その本は入手困難なので、この7の本を以て、伊藤人譽を知ってもらいたいと思って。すなわち行商用。

 8,9も、行商用。前者は未読のものをもう一冊持っている。後者は11,2年前くらいに読了済みだが、もう内容を忘れているので、さっと読み返しておきたい。

 10は、第3巻まで読了している本。あと第4巻が揃えば、全5巻が揃って、終わりまで読み進むことができる。

 

 そろそろ開店したかなと、c)へ。

 11は、この頃Web上で良く話題になっている?耕治人氏の本。文庫ではこの本くらいしか出ていないのではないか。

 12は、表紙に惹かれて買ってみた本。ありがたいことに、このミリオン・ブックスのシリーズ総目録が、この本の末尾に載っているのだが、ワンダ・ワシレフスカヤ『夜明け(上・下)』という作品が、どうも気になる。ロシア文学のようだ。

 

 大阪府に戻り、かねて行きたいと思っていたd)へ。空腹を大盛りパスタで満たす。

広告を非表示にする