yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計1840円。

 

a)ブックオフ魚津店にて。→150円以上の本が半額、というセールをやっていた。

1・メリメ、杉捷夫訳『エトルリアの壺 他五篇』岩波文庫 ¥100

2・深沢敬次郎『いなか巡査の事件手帳』中公文庫 ¥150

3・加山又造・前本ゆふ『ゆふ 画文集』中公文庫 ¥105

4・ベルナール・ヴェルベール、山本知子訳『星々の蝶』NHK出版 ¥525

5・白土三平『無風伝』小学館文庫 ¥175

6・秋竜山『秋竜山のすってんころりん劇場』朝日新聞社(文庫) ¥105

7・黒田硫黄『セクシーボイスアンドロボ 第2巻』小学館 ¥105

8・エドワード・ゴーリー、柴田元幸訳『不幸な子供』河出書房新社 ¥250

9・ナンシー・ウィラード・文、アリス・プロベンセン/マーティン・プロベンセン・絵、平野敬一訳『スティーヴンソンのおかしなふねのたび』ほるぷ出版 ¥325

 

***

 

 さて引っ越して、本以外の荷解きが一段落着いたので、早速a)へ行ってみたら、なんとセール日であり、大収穫となった。幸先が良い。

 1は、今日までエルトリアの壺だと思っていた。正しくはエトルリアの壺。

 2は、何だか珍しそうでかつ面白そうな肌色中公文庫ということで購入。

 3が¥105とは驚き。出版当時の定価で¥1200する本。状態良好。是非読んでみよう。

 4が、本日の一番の収穫か。これが半額で買えるとは。『蟻』三部作でファンになった作家の作品。先に『タナトノート』を読みたいが、未入手。

 5は、初めて見かけた白土三平の文庫漫画。

 6は、無人島まんがで有名な秋竜山の文庫漫画。この本も初めて見た。かなりレアな本と思う。

 7は、まだ不定期連載中の漫画。第1巻は既に持っている。完結したら読もう。

 8は、ゴーリーにしては大型の作品。この河出書房新社ゴーリー絵本は、英語の勉強にもなる。

 9は、絵が素敵だなと思って、買ってみた本。絵を描いたアリス&マーティン・プロベンセン夫妻はアメリカ出身だが、イギリスの絵描きのヘレン・ブラッドレイにタッチが良く似ている。

広告を非表示にする