yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2070円。

 

a)今井古書堂にて。→初入店。

1・山内浩『洞穴探検学入門』講談社学術文庫 ¥250

2・滝平二郎『里の四季』講談社文庫 ¥200

3・ 正岡子規『花枕 他二篇』岩波文庫  ¥200

 

b)越中書房→初訪問、店舗販売無しを確認 c)ブックオフ富山黒瀬店にて。

4・ ジョン・アーヴィング、川本三郎他訳『ウォーターメソッドマン(下)』新潮文庫  ¥105

5・ フレドリック・ブラウン、小西宏訳『未来世界から来た男』創元SF文庫  ¥105

6・ おおひなたごう『俺に血まなこの花』イースト・プレス  ¥105

7・泉昌之編著『かっこいいスキヤキ』扶桑社文庫 ¥105

 

d)ブックマーケット町村店にて。→改装後初入店。

8・ 乾くるみ『匣の中』講談社文庫  ¥100

9・レオ=レオニ、谷川俊太郎訳『ひとあしひとあし』好学社  ¥300

10・谷川俊太郎、和田誠・絵『これはのみのぴこ』サンリード ¥300

11・石亀泰郎『イエペはぼうしがだいすき』文化出版局 ¥100

 

e)ブックマーケット滑川店にて。

12・乙一・作、羽住都・絵、Aliy Lickfold・訳『くつしたをかくせ!』光文社 ¥100

13・後藤竜二・文、高田三郎・絵『紅玉』新日本出版社 ¥100

 

***

 

 ちんどんのイベントを見に行きがてら、古本屋巡りをした。

 a)は広い店舗で、一通り棚を見ることができなかった(そのとき腹痛を催していたため)。また行こう。

 1は、ずっと探し続けていた、洞穴探検の本。ずっと、というのは10年くらいのことであるから、嬉しさも一入。

 2は、お気に入りの切り絵師の滝平二郎さんの本。安価で見つかった。同じ年代に出た、この講談社文庫の同じシリーズで、藤城清治さんの本もあり、これも探し中。

 3は、これまで見たことのなかった正岡子規岩波文庫本。短編小説が三篇収録されている。この中に、ある人から聞き知った、奈良を舞台にした話があるかもしれないな。

 

 a)からb)へは歩いて向かった。店舗営業していなかったのは残念だが、そのことを確認できたのは良かった。単なる定休日の可能性が残っていると、何度も足を運んでしまうから。

 

 それから車でc)、d)、e)へ。いずれも3年振りくらいに訪れる店舗になる。

 4は、上巻だけ2冊持っていた本なので、これで1組は上下巻のカップリングが完成! もう一冊、継続して下巻を探す。

 5,8は、行商用。

 6は、密かに好きな漫画家おおひなたごうの知らなかった漫画。この血まなこシリーズはどうやら3冊は出ているようだ。そうだとすると、もう一冊知らないものがあることになり、これも探しださなければなるまい。

 7は、『孤独のグルメ』でブレイク?中の作家の、別の漫画。どうも食についての変わり種漫画を多く手掛けているようである。

 9~13は、いずれも絵本。レオ・レオニの絵本は、意外と予定調和的でない話の閉じ方をすると思う。この9の本と、『シオドアとものいうきのこ』など、"逃げの一手"を学ぶにはもってこい。

広告を非表示にする