yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計1360円。

 

a)石巻ブックエイドにて。

1・髙山文彦『火花』飛鳥新社 ¥400 tetto

2・ハインリヒ・ベル、谷山徹訳『ハインリヒ・ベル小品集』圓津喜屋 ¥100

3・秦恒平『月皓く』集英社 ¥400

 

b)石巻まちなか復興マルシェにて。

4・手塚治虫『フースケ』奇想天外文庫 ¥10

5~7・古谷三敏『寄席芸人伝 9,10,11巻』小学館 各¥10

 

c)ブックオフ仙台さくら野店にて。→初入店。

8・ワイルド、福田恆存訳『サロメ』岩波文庫 ¥105

9・おおひなたごう『俺に血まなこ』KOEI ¥105

10・森博嗣『自分探しと楽しさについて』集英社新書 ¥105

11・レイブラッドベリ、吉田誠一訳『よろこびの機械』早川文庫 ¥105

 

d)鉄塔文庫にて。→初入店狙うも、定休日で入れず。 

 

***

 

 前日に続き、a)の会場へ。あちこちの箱から3冊購入。

 1は北条民雄の生涯の他伝。北条民雄は創元ライブラリから上下巻の文庫全集が出ているので、それをいずれ読んでみたく思っていた作家。

 2は、私には名も知らぬノーベル賞作家の小品集。出版社の圓津喜屋さんは一人だけの出版社らしい。

 3のタイトルは、つきかがやく、と読むらしい。タイトルが読めなかった悔しさ(つきあかるく、と予想した)から購入。

 

 また街を歩いていると、b)で仮面ライダーのショウをやっていて、その会場で古本市をやっていたのでそこで格安で漫画が買えた。

 4は、奇想天外文庫の本ということで即買い。ちょっと読んでみたら、冒頭のペックスというめちゃくちゃな短篇に打ちのめされた。

 5~7は、収集を決意している漫画。まずこの3巻分を格安で発見できて嬉しい。同じ会場に、他巻がないかよくよく確認したけれど、見つからず残念。

 

 高速バスで県庁所在地の市へ戻って、c)へ。活字単行本¥500均一セールをしていたが、恩恵に恵まれず。

 8は行商用の定番商品。

 9は好きな漫画家のしょうもない(これは褒め言葉)漫画。似たようなタイトルの本がこれで自宅に3冊揃ったことになる。これで全部か?

 10は、確実に持っていないことが分かっている著者の新書だったので、安心して購入。これ以前に出した新書はもうどれを読んだのか分からなくなっているので、確認が必要。

 11は、状態が良かったので何となく買ってみた本。

広告を非表示にする