yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2965円。

 

a)ブックオフ福岡トリアス久山店にて。

1・高橋裕・監修、加古里子・画/構成、緒方英樹・文/編集『近代土木の夜明け 日本人技術者の努力と自立』財団法人全国建設研修センター ¥105

2・ロジェ・マルタン・デュ・ガール、山内義雄訳『チボー家の人々 3』白水Uブックス ¥105

3・開高健『生物としての静物』集英社文庫 ¥105

4・江戸川乱歩、新保博久編『明智小五郎全集』講談社文庫大衆文学館 ¥105

5・ハインリヒ・マリア・デンネボルグ、高橋健二訳『ヤンと野生の馬』福武文庫 ¥105

 

b)徘徊堂にて。→初入店。

6・ハンス・ヘニー・ヤーン、佐久間穆訳『鉛の夜』現代思潮社 ¥1400

 

c)痛快洞にて。→閉店を確認。

 

d)Readcafeにて。→初入店、書肆侃侃房さんの棚がある。喫茶利用。本購入無し。

 

e)ブックオフ福岡天神店にて。→雑誌・児童書半額セールをやっていた。

7・瀬川康男『ふたり』冨山房 ¥230

8・スーザン・バーレイ、小川仁央訳『わすれられないおくりもの』評論社 ¥52

9・川端康成、ヴァージニア・ウルフ、尾崎翠、西崎憲訳『百年文庫39 幻』ポプラ社 ¥250

10・内田莉莎子・再話、佐々木マキ・画『くった のんだ わらった』福音館書店 ¥100

11・須賀敦子『本に読まれて』中公文庫 ¥105

12・フレドリック・ブラウン、向後英一訳『悪夢の五日間』創元推理文庫 ¥105

13・トマス・トライオン、深町眞理子訳『悪を呼ぶ少年』角川文庫 ¥100

 

f)黒猫屋珈琲店にて。→初入店、書肆吾輩堂さんの棚がある、本購入無し。

 

g)ヌワラエリヤにて。→初入店、店主?の本棚がある。飲食利用。

 

***

 

 今日は猛暑の中、福岡市街をぶらぶら。b)の店舗に、何度目かのアプローチでやっと入店できたのが嬉しい。また、たまたま通りかかったf)の店舗を外から覗き込んだところ、本棚があって気になって入店したところ、古本販売もしていることがわかり、これも見っけもんだった。g)は、ブックオカの打ち上げ会場としても有名らしいスリランカカレー屋。素敵な本棚であった。

 1は、一体誰が買うのだろう、と思わせる堅い内容の絵本。だが、内容は素晴らしい。

 2は、収集中の長編小説。

 3,7,13は、行商用。

 4は、大衆文学館オリジナルの編集になっているらしい点が気に入った。

 5は、絵入りの児童文学。福武文庫の背の上部が赤色のものの一冊。

 6は、どこかで目にした作者だなと思って帰宅して調べたら、白水Uブックスで一冊出ている作家だった。

 8は、ある本に紹介されていて読みたいと思っていた絵本。

 9は、300円均一のワゴンから選んだもの。

 10は、佐々木マキ画ということで購入。あまり見ないタッチの絵。

 11は、目次に並んでいる書名が渋かったので購入。

 12は、1986/1/24版の古い表紙のもの。

広告を非表示にする