yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2500円。

 

a)フレンド書店にて。→初入店。

1・富山真酒の会編『みゃあらくもん 現代異人譚』桂書房 ¥500

 

b)ブックス文友にて。→初入店。

2・マリー・ホール・エッツ、間崎ルリ子訳『またもりへ』福音館書店 ¥200

3・新村出『外来語の話』講談社文芸文庫 ¥300

 

c)ブックマーケット上飯野店にて。

4・東君平『びりびり』ビリケン出版 ¥200

5・バイロン・バートン、中川千尋訳『きょうりゅうきょうりゅう』徳間書店 ¥300

6・土屋耕一、田澤茂・絵『つつみがみっつ』福音館書店 ¥300

7・藤沢友一(ふじさわともいち)、神戸淳吉(かんべじゅんきち)・絵『はしれクラウス』金の星社 ¥300

8・中山千夏、和田誠・絵『どんなかんじかなあ』自由国民社 ¥300

9・三好銀『海辺へ行く道 そしてまた、夏』エンターブレイン ¥100

 

***

 

 b)への初入店を目指した日。その道中にたまたま未踏のa)の店を見つけ、嬉しかった。帰りにc)へは久々に寄ったら、若干店内のレイアウトが変わっていた。

 1は、富山に真酒亭という日本酒呑み屋があるのだが、もしかしたらそこの主人か関係者が関わって作られた本と思う。

 2は、『もりのなか』の続編と思われる絵本で私は初めて目にした。でも実は『もりのなか』は未読。 

 3は、広辞苑の編者による外来語に関するエッセイ本。

 4は、好きな作家東君平氏の未読絵本。24歳のときに至高社から出した絵本を、ビリケン出版で出し直したものだそうだ。

 5も、好きな絵本作家バイロン・バートン氏の未読絵本。まだまだ未読作品があるので、見つけるのが楽しみ。

 6は、a)の店でホツマツタエの本を立ち読みしたときに、回文短歌「長き夜の……」の紹介されていた箇所で、回文作家の土屋耕一氏が紹介されていたのだが、その氏の絵本がこうして同日中に目に留まったことに偶然を感じて買った本。田澤茂氏の絵も、独特で好み。

 7は、機関車絵本。絵が素晴らしい。

 8は、行商用。傑作絵本。

 9は、収集中の漫画。全3巻らしく、この巻がその最終巻らしい。あと2巻目を探している。

広告を非表示にする