yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2750円。

 

a)プラファ古書即売会にて。

1・舟崎克彦、佐々木マキ・絵『ヤマネコさつじん事件』金の星社 ¥800

2・つげ忠男『釣りに行く日』晶文社 ¥400

 

b)シャトル氷見店にて。

3・毛利子来、帆足次郎・絵『ひとのからだ』岩崎書店 ¥300

 

c)ブックオフ高岡西町店にて。

4・エルサ・ベスコフ、石井登志子訳『おりこうなアニカ』福音館書店 ¥150

5・ジュリエット・キープス、石井桃子訳『ゆかいなかえる』福音館書店 ¥200

6・エドワード・アーディゾーニ、瀬田貞二訳『チムとゆうかんなせんちょうさん』福音館書店 ¥250

7・ロジャー・デュボアザン、今江祥智・島式子訳『ぼくはワニのクロッカス』童話館出版 ¥200

8・ジョン・バーニンガム、松川真弓訳『ねえ、どれがいい?』評論社 ¥250

9・福永武彦『幼年』講談社文庫 ¥100

10・ヴィルヘルム・ハウフ、池田香代子訳『メルヒェン集 盗賊の森の一夜』岩波文庫 ¥100

 

***

 

 a)が開催されているとの情報を得て、かなり無理を押して行ってみた。車のタイヤを二日前に冬用タイヤに替えたばかりなので、運転したときの感触に若干違和感があったが、この日の運転でだいぶ慣れてように思う。b)はa)のそばなので、一応寄ったもの。c)は¥100引き券があったので、その期限が切れないうちにと思って行った。

 1は、佐々木マキ絵の児童読み物。未読なので購入。

 2は、つげ忠男のエッセイ本を初めて見たので、試しに購入。つげ忠男の漫画はほとんど読んだことがない。

 3は、知識の絵本シリーズの三巻目。この帆足氏の絵の巻は、一通り読んでみたいと思っている。

 4は、世界傑作絵本シリーズのうちの、スウェーデンの絵本。他にどんな国の作品があるのだろうか。ちなみに、5,6も世界傑作絵本シリーズ。

 5は、良く見かけるが、何となく見送っていた本で、今日は何だか気が向いて買うに至った。すっきりとした良絵本という感じ。

 6は、チムシリーズとして10冊くらいの作品がある中の、最初の作品ということだ。

 7は、『ゆくえふめいのミルクやさん』を読んでから、俄然気になり出した作家の絵本。本作品は趣味人向けかな。

 8は、先月にあったイベントであるお客さんから教えていただいた本。こんなに早く、しかも安価で見つかるとは。内容も面白くて満足。

 9は、古い講談社文庫。昭和50年で第5刷。初版は昭和47年となっている。装画が南桂子氏というところもポイント。

 10は、もしかすると行商用になるかもと思いつつ、買った本。

広告を非表示にする