yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2225円。

 

a)青空書房にて。→初入店。

1・エドウィン・H・コルバート、小畠郁生・亀山龍樹訳『恐竜の発見』早川書房 ¥1000

 

b)高山書店にて。

2・鈴木一郎『魔と呪術』平凡社カラー新書 ¥100

 

c)ブックオフ福岡博多口店にて。

3・竹本健治『閉じ箱』角川ホラー文庫 ¥105

4・エリノア・ファージョン、松岡享子訳『町かどのジム』福武文庫 ¥105

5・海野弘『酒場の文化史 ドリンカーたちの華麗な足跡』創元ライブラリ ¥105

6・神沢利子、富山妙子・絵『おばあさんのすぷーん』福音館書店 ¥350

7・五味太郎『おじさんのつえ』岩崎書店 ¥250

8・東君平、織茂恭子・絵『トカゲになった日』あかね書房 ¥105

9・牧野夏子、佐々木マキ・絵『てんをおしあげたはなし』福音館書店 ¥105

 

***

 

 a)の店が、年内に閉店すると聞いて、帰省の途中に寄ってみた。閉店の話は本当のようだ。b)は、a)の店舗のすぐ近くなので寄った。c)も交通手段を乗り換える間に寄った。

 1は、ぱらぱらと読んだ感じで購入を決めた。恐竜が初めて発掘されたのは、1822年のことだそうで、私の感覚では、つい最近のことと思われ、びっくりしたと同時に、急激に恐竜発掘の歴史に興味が湧いた。

 2,3は、行商用。2は、未読の自分用のものを既に一冊所有している。それを早く読もう。

 4は、福武文庫の児童読み物シリーズの一冊。最近、妙にあちこちで見かけるような気がする。

 5は、自宅の酔っぱらい関係の本の棚に納めることになると思う。

 6は、何やらビニールカバーを掛けられていた。中の状態を確認できないまま買わないといけないのは勇気がいる。

 7は、既に読了したが傑作絵本。文章にはされていないが、ページをめくるに従って、ちゃんと場面が連続・展開していく。読み解き甲斐あり。

 8は、君平さんの未読童話。

 9は、ペラペラの版のもの。話も面白いし、佐々木マキ氏の絵もぴったり合っていてとても良い作品だった。

広告を非表示にする