yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計23705円(送料着払い1780円含む)。

 

a)A.Y.氏より。

1・伊藤計劃『The Indifference Engine』早川文庫 ¥150

2・伊藤計劃『ハーモニー』早川文庫 ¥150

3・伊藤計劃『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』角川文庫 ¥150

4・東野圭吾『探偵ガリレオ』文春文庫 ¥150

5・大倉崇裕『生還 山岳捜査官・釜谷亮二』ヤマケイ文庫 ¥150

6・大倉崇裕『聖域』創元推理文庫 ¥150

7・貫井徳郎『愚行録』創元推理文庫 ¥150

8・貫井徳郎『神のふたつの貌』文春文庫 ¥150

9・貫井徳郎『さよならのかわりに』幻冬舎文庫 ¥150

10・貫井徳郎『悪党たちは千里を走る』集英社文庫 ¥150

11・真保裕一『灰色の北壁』講談社文庫 ¥150

12・藤原伊織『遊戯』講談社文庫 ¥150

13・平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』光文社文庫 ¥150

14・北村薫『ひとがた流し』新潮文庫 ¥150

15・北村薫『元気でいてよ、R2-D2。』集英社文庫 ¥150

16・鹿島圭介『警察庁長官を撃った男』新潮文庫 ¥150

17・角幡唯介『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』集家社文庫 ¥150

18・角幡唯介『雪男は向こうからやって来た』集英社文庫 ¥150

19・横田増生『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』朝日文庫 ¥150

20・ヴィトルト・リプチンスキ、春日井晶子訳『ねじとねじ回し』早川文庫 ¥150

21・辻真先/近藤史恵/井上夢人/我孫子武丸『探偵Xからの挑戦状! season2』小学館文庫 ¥150

22・森博嗣『ゾラ・一撃・さようなら Zola with a Blow and Goodbye』集英社文庫 ¥150

23・森博嗣『ZOKURANGER』光文社文庫 ¥150

24・森博嗣『ヴォイド・シェイパ The Void Shaper』中公文庫 ¥150

25・森博嗣『議論の余地しかない A Space under Discussion』講談社文庫 ¥150

26・森博嗣『イナイ×イナイ PEEKABOO』講談社文庫 ¥150

27・森博嗣『森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります! Dr.MORI's soft-boiled Seminar』講談社文庫 ¥150

28・森博嗣『キラレ×キラレ CUTTHROAT』講談社文庫 ¥150

29・森博嗣『100人の森博嗣 100 MORI Hiroshies』講談社文庫 ¥150

30・森博嗣『銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency』講談社文庫 ¥150

31・森博嗣『タカイ×タカイ CRUCIFIXION』講談社文庫 ¥150

32・森博嗣『TRUCK&TROLL』講談社文庫 ¥150

33・森博嗣『つぶやきのクリーム The cream of the notes』講談社文庫 ¥150

34・歩りえこ『思い立ったらマチュピチュ 旅ガールが教える、ガイドに載らない旅ワザ』宝島SUGOI文庫 ¥150

35・円城塔『オブ・ザ・ベースボール』文春文庫 ¥150

 

36~366・(省略)『(省略)』(省略) 各¥50

367~371・(省略)『(省略)』(省略) 各¥25

 

***

 

 友人のA.Y氏から大量の文庫本を頂いた。タダは申し訳ないので、上記のような値段で後日返金した。1~35は、特に私自身が読もうと思っている本。

 27は、連載中にときどき立ち読みしていたので懐かしい作品。ジャイロ効果について、もう少し理解が進んだ気がする。復習したい時にはまずこれを読もう。

 30は、ミステリィではない話だった。文章だけではどうも舞台となる不思議な建物の構造がよく分からない。言葉数(かず)の少ない会話文がもっと続いて欲しい。

広告を非表示にする