yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2709円。

 

a)デフォーにて。

1・モット・フーケー、アーサー・ラッカム・絵、岸田理生訳『ウンディーネ』新書館 ¥400

2・滝平二郎『はだかの王さま』金の星社 ¥500

 

b)ブックendsにて。

3・マクシム・ゴーリキー『ゴーリキー短篇集』岩波文庫 ¥300

4・坂口謹一郎『古酒新酒』講談社文庫 ¥300

5・平野雅章『食物ことわざ事典』文春文庫 ¥150

 

c)家風にて。→初入店。

6・ロバート・ブラウニング・詩、ケート・グリーナウェイ・絵、矢川澄子訳『ハメルンの笛ふき』文化出版局 ¥800

 

d)ブックオフ高岡鐘紡店にて。

7,8・トーマス・マン、望月市恵訳『ワイマルのロッテ(上・下)』岩波文庫 各¥80

9・スヴェトスラフ・ミンコフ、ルーメン・スコルチェフ・絵、松永緑彌訳『眠れぬ王さま』ほるぷ出版 ¥99

 

***

 

 b)でコーヒーのイベントをやっているこということで出掛けてみると、風雨の中にもかかわらず、かなりの人出であった。a)の店の前にもコーヒー屋さんが出店していて、b)は店の中でやはりコーヒー屋さんが出店されていた。折角車で来たので、そのまま西へ足を伸ばし、c)へ。建物の二階にあるc)は、家具屋だが古本棚がある。一階は、小綺麗なカフェ。ついでにd)へ寄ったあと、夕食はほど近いところにある有名なカレーうどん屋へ。

 1:素晴らしく美しい絵のついた物語。光文社古典新訳文庫で読むことになるかなあと思っていた作品を、こういう本で読めるのは嬉しい。

 2:滝平二郎氏の初めての版画での物語作品ということだ。出版社による出版は、制作されてから20年経て実現したもの。

 3:ゴーリキー単独の本を買うのは、これが初めてみたい。自分でも意外。

 4:酒の研究の第一人者による本。

 5:みかんが黄色くなれば医者青ざめる、といったようなことわざの事典。

 6:素晴らしい黄金時代の版画絵本。裏表紙も表紙のような絵になっている。

 7,8:こんな風に、上下巻まとめて買えると助かる。

 9:ちょっと珍しいように思って買った絵本。ブルガリアの作家による創作物語。

広告を非表示にする