読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計3124円。

 

a)光芳書店にて。→初入店。

1・矢田準一、竹山博・画『「母の友」絵本46 ふうせんのおしらせ』福音館書店 ¥108

2・瀬田貞二訳、井上洋介・画『「母の友」絵本47 おだんごぱん』福音館書店 ¥108

3・加古里子、村田道紀・画『「母の友」絵本48 あたらしいうち』福音館書店 ¥108

 

b)ブックオフ池袋サンシャイン60通り店にて。→初入店。

4・トーマス・ヘルトナー、スヴェン・ハルトマン・絵、森山恵美訳『猫のヤーコプのすてきな一年』メイツ出版 ¥500

5・フランチシェク・フルビーン、イジー・トゥルンカ・絵、木村有子訳『こえにだしてよみましょう』プチグラパブリッシング ¥500

6・佐々木マキ『おばけのばむけ』教育画劇 ¥350

7・エズラ=ジャック=キーツ、木島始訳『ピーターのくちぶえ』偕成社 ¥350

8・馬場のぼる『11ぴきのねことあほうどり』こぐま社 ¥150

9・アーマ・E・ウェバー、藤枝澪子訳『じめんのうえとじめんのした』福音館書店 ¥150

10・なかのひろたか『ちょうちんあんこう』福音館書店 ¥150

11・ブルーノ・ムナーリ、須賀敦子訳『太陽をかこう』至光社 ¥150

12・村山知義『村山知義童画集』婦人之友社 ¥500

 

***

 

 高速バスの出発までの時間で、未踏の古本屋へ行こうと、a)とb)へ。a)は、見やすい規模の店舗で、文庫が充実している。目白三平の駅弁ものの文庫本を初めて見た。途中で、もうやんカレーの店を見つけて、そこでランチバイキングした。

 1:本来分売不可の『こどものとも復刻版Aセット』所収のもの。科学絵本の『たまごとひよこ』の絵と同じかたの作品。少しだけ数の勉強にもなる作り。おしらせとは春がきましたよ、ということ。

 2:本来分売不可の『こどものとも復刻版Aセット』所収のもの。他の方が絵を描いたものは良く見かけるが、井上洋介氏の絵のものは初めて見た。力強い絵で、べったりした感じもなく、これは良い感じ。

 3:本来分売不可の『こどものとも復刻版Aセット』所収のもの。加古里子作品では、他に『だむのおじさんたち』もあったが、そちらは以前、特製版を入手したことがあったので、買わなかった。あたらしいうちの庭には、大工さんがブランコまで作ってくれている。羨ましい。

 4:猫のヤーコプの唯一未所有だった巻。

 5:『花むすめのうた』と同じコンビの横長の絵本。原文で発音したときの、韻の感じなど、気になるところ。

 6:この出版社の本を買うのは初めてと思う。

 7:名作絵本ということで良く耳にする本。美本だったので、これを機会に購入。いきいきしたピーターに惹きつけられる。

 8:11ぴきのねこシリーズはほとんど読んだことがない。しかし、この作品を読んだ途端、全作是非読んでみたくなった。こんなキャラクターものの絵本も敬遠してはいけないなあと思う。

 9:行商用。

 10:今気づいたが、私の好きな素晴らしい絵本『およぐ』と同じ作者。さすがのデザインセンスだと思う。1966年の作品。リンク先は、ペラペラの普及版になっているが、今回購入は、2009年9月1日第2刷の特製版。ISBN不明。

 11:『木をかこう』の続編で、今度は太陽。太陽の描き方も本当に色々あることに気づかされる。

 12:武井武雄とも通じる、とても先進的な絵。調子の良い文章は、主に奥さんの壽子氏が担当したようだ。息子は村山亜土氏。

広告を非表示にする