yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計874円。

 

a)ブックオフ魚津店にて。

1・ジャック・フットレル、宇野利泰訳『思考機械の事件簿1』創元推理文庫 ¥97

2・アンリ・ポアンアンカレ、吉田洋一訳『科学の価値』岩波文庫 ¥97

3・千田夏光『従軍慰安婦』講談社文庫 ¥97

4・横光利一『日輪・春は馬車に乗って 他八篇』岩波文庫 ¥98

5・小出淡、小出保子・絵『ちびねこのちょび』福音館書店 ¥97

6・今西錦司/池田次郎/河合隼雄/伊谷純一郎『世界の歴史1 人類の誕生』河出文庫 ¥97

7・羽田明/山田信夫/間野英二/小谷仲男『世界の歴史10 西域』河出文庫 ¥97

8・河野健二/樋口謹一『世界の歴史15 フランス革命』河出文庫 ¥97

9・松田道雄『世界の歴史22 ロシアの革命』河出文庫 ¥97

 

b)hontoにて。

10~15・西塔紅一・原作、上村一夫・作画『紅とかげ 9~14』グループ・ゼロ 各¥0

 

***

 

 今日まで使える10%OFFクーポンを使いに、a)の店舗へ行った。狙っていた上司小剣の本が見当たらず残念。それでも、思ったより買える本が見つかって嬉しかった。b)は、明日には失効するポイントが幾らかあったので、全部ポイント払いで買えるものとして、電子書籍を買った。

 1:全3巻出ている、思考機械の事件簿シリーズ。

 2:ポアンカレ四部作というものがあるらしく、その第二集が本作。調べたところ、第一作、第三作、第四作は、順に『科学と仮説』、『科学と方法』、『晩年の思想』とのことで、いずれも岩波文庫から出ているようだ。他にも同文庫に『科学者と詩人』という作品もあり、これも面白そう。

 3:この本は正で、続編も出ている。

 4:行商用。

 5:ちょびをねずみたちが宙吊りにしようとしているところ、なんだか残酷。語られないこけしを絵で追うのも面白い。

 6~9:河出書房新社から文庫サイズで出ている全24巻の世界の歴史シリーズのうち、興味のある巻だけを選んで購入。

 10~15ポイントを使って、電子書籍を購入。第8話までは、文庫本としてまとまっており、それは所有しているので、以降の未読の話だけを選んだ。

広告を非表示にする