yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計800円。

 

a)第1回入善良い物市にて。→初開催、初会場入り。

1・ジョン・ラングスタッフ、フョードル・ロジャンコフスキー・絵、作間由美子訳『おおきなのはら』光村教育図書 ¥400 ykwk

2・野村たかあき・作/絵『ばあちゃんのえんがわ』講談社 ¥400 夕やけ

 

***

 

 初開催のa)へ。古道具屋やクラフト作家、およびドリンクや焼き菓子、軽食の出店などがあり、その中では古本屋さんが2ブース。それぞれのブースで1冊ずつ本を買えた。県内東部にはこのようなおしゃれなイベントがなかなか無いので、大変貴重な機会。本当にありがたい。次回開催も期待したいところ。

 1:原題は『Over the Meadow』。Meadowは牧草地のこと。まず亀の子が1匹の見開きページ、次にページを繰ると狐の子が2匹の見開きになって、というふうにいろいろな動物や鳥や虫の子どもの数が増えていく。それぞれの動物の子どもたちは、Meadowの中でそれぞれ何かをして「いいきもち」になる。構造的に整っていて読んでいて安心感のある良い絵本だなと思った。数の勉強にもなるし、生き物の名前を知るにも良いし、邦訳の場合序数詞も学べる。子どもに読ませた時に、説明されないけど登場している生き物にも目を配らせて読めるようになるのを確認してみても面白いかもしれない。

 2:第5回講談社絵本新人賞受賞作。この賞の第1回目は、曽田文子『サーカスへいったねこ』が受賞していた。どちらも素晴らしい絵本なので、この賞の受賞作を他にも読んでみたくなってきた。本書は、版画絵本で、本文も版画で書かれている。同じ視点の背景でも手を抜かず、毎ページちゃんと彫り直してあり、その手間に感心する。縁側で起こる何でもない普段の様子が、のんびりのびのびと描かれ、陽だまりにいるような温かな気持ちになる。

広告を非表示にする