yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計6356円。

 

a)ブックオフ六日町インター店にて。

1・遠藤豊吉・編著『日本の詩1 あい』岩崎書店 ¥210

2・遠藤豊吉・編著『日本の詩2 あなたへ』岩崎書店 ¥210

3・遠藤豊吉・編著『日本の詩3 いきる』岩崎書店 ¥210

4・遠藤豊吉・編著『日本の詩4 いのち』岩崎書店 ¥210

5・遠藤豊吉・編著『日本の詩5 わたし』岩崎書店 ¥210

6・遠藤豊吉・編著『日本の詩6 おや・こ』岩崎書店 ¥210

7・遠藤豊吉・編著『日本の詩7 しぜん』岩崎書店 ¥210

8・遠藤豊吉・編著『日本の詩8 たび』岩崎書店 ¥210

9・遠藤豊吉・編著『日本の詩9 しごと』岩崎書店 ¥210

10・遠藤豊吉・編著『日本の詩10 せんそう・へいわ』岩崎書店 ¥210

11・マリリン・ハーシュ・文/絵、マヤ・ナラヤン・文、岡部うた子訳『リーラちゃんとすいか』ほるぷ出版 ¥510

12・ジュディ・ブルック、牧田松子訳『ティムといかだのきゅうじょたい』冨山房 ¥310

13・M・ノートン・原作、八木田宜子訳、純子・デイビス・絵『おかしなねこのはなし』学習研究社 ¥210

14・関口コオ・文/絵『したきりすずめ』ホテル磯部ガーデン ¥108

15・中野由貴、北住ユキ・絵『せかいのはてをめざして』フレーベル館 ¥108

16・三原順『ハッシャバイ ねんねんころりよ』白泉社 ¥210

17・エウセビオ・トポーコ、やなぎやけいこ訳『たいようのこどもワイラ』ベネッセ ¥460

18・瀬名恵子・作/絵『まほうつかいとねこ』すずき出版 ¥510

19・瀬名恵子・作/絵『ねこのかぞえうた』すずき出版 ¥610

20・武井武雄・原案、三芳悌吉・文/絵『アイウエ王とカキクケ公』童心社 ¥310

21・マーサ・メイヤー『かえるくんのほん(函入全6巻セット)』ほるぷ出版 ¥510

 

b)ヒトハコ古本市in十日町情報館にて。→初開催、初会場入り。

22・本川達雄、やまもとちかひと・絵『絵とき 生きものは円柱形』福音館書店 ¥100 げえろ書房

23・ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ、江國香織訳『マドレーヌとどうぶつたち』BL出版 ¥300 とりふい堂

 

***

 

 ●書きかけ。

 今日一日は帰宅のための移動日。たまたま初開催のb)の初日だということに気づいて、これを狙う。最寄りのインターチェンジで高速道路を降りると、a)の存在を思い出し、寄り道したところ大収穫。それからb)へ無事寄ることができた。写真撮影したかったが、事務室へ許可をとりに行かなければ許されないとのことで、時間もなく面倒に思い諦めた。このあと、峠の茶屋蔵という店で念願の昼食。数える程しかないメニューだが、それぞれを食べてみたいと思わせる素晴らしい店だった。

 1~10:全10巻の詩のアンソロジー。各詩篇とその作者についての解説が充実していて、素晴らしい本と思った。2016年に新装版が出ているみたいだが、今回入手は1977年出版のもの。

 11:●

 12:『ウィリーをすくえ!』という邦題でもその後出たみたい。そちらは訳者が異なる。

 13:原作者はたぶん『床下の小人たち』などを書いたメアリー・ノートンと思う。

 14:したきりすずめの宿が出した絵本。

 15:●

 16:チェリッシュブックシリーズのうちの一冊。函入り。

 17:●

 18:●

 19:●

 20:三芳悌吉氏がこのような物語絵本を描いていたとは知らなかった。ストーリーは殊の外面白く、アイウエオ、カキクケコの類が、どういう風に登場してくるか、期待を膨らませながら読めた。刊本作品でも一読してみたいところ。

 21:既読だが、函入りで入手できたのは初めてでとても嬉しい。

 22:月刊たくさんのふしぎ2004年10月号(通巻235号)のペラペラ版。

 23:厚紙製のマドレーヌシリーズの未読作品。