yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計11062円。

 

a)TSUTAYA BOOK GARAGE福岡志免にて。→¥108商品を除く本全品20%OFFセールをやっていた。

1・赤羽末吉『おへそがえる・ごん 1 ぽんこつやまのぽんたとこんたの巻』福音館書店 ¥400

2・ピーター・シス『オーシャン・ワールド』ブックローン出版 ¥170

3・小林宗雄・作/染色工芸『Cat ねこ猫ネコ』有朋舎 ¥100

4・デイビッド・マッキー、安西徹雄訳『まほうつかいのにせものさわぎ まほうつかいメルリックのはなし(その6)』アリス館 ¥600

5・ジェニー・ワグナー、ロン・ブルックス・絵、大岡信訳『まっくろけのまよなかネコよおはいり』岩波書店 ¥820

6・ルース・エインズワース、河本祥子訳・編『りすのクラッカー』福音館書店 ¥170

7・有吉佐和子、秋野不矩・絵『かみながひめ』ポプラ社 ¥400

8・黒柳徹子、武井武雄・絵『木にとまりたかった木のはなし』岩崎書店 ¥100

9・加古里子『あめのひのおはなし』小峰書店 ¥400

10・マーク・アラン・スタマティー、徳永里砂訳『3万冊の本を救ったアリーヤさんの大作戦 図書館員の本当のお話』国書刊行会 ¥410

11・東君平『くんぺいあかちゃんえほん 1 いないいないばあ』瑞雲舎 ¥100

12・瀬名恵子『ちいさなうさぎはんしろう 1 はんしろうがわらった』グランまま社 ¥100

13・瀬名恵子『ちいさなうさぎはんしろう 2 はんしろうがないた』グランまま社 ¥100

14・瀬名恵子『ちいさなうさぎはんしろう 3 はんしろうがおこった』グランまま社 ¥100

15・瀬名恵子『ちいさなうさぎはんしろう 4 はんしろうがねらってる』グランまま社 ¥100
16・野村昇司、阿部公洋・絵『あなもりのすな』ぬぷん児童図書出版 ¥170
17・ヒラリー=ナイト、木島始訳『ウォーレスはどこに?』講談社 ¥170

18・バーバラ・ヘイズン、トミー・ウンゲラー・絵、田村隆一/麻生久美訳『魔術師の弟子』評論社 ¥100
19・マーティン・ワデル、フィリップ・デュパスキエ・絵『ちゅうちゅう大こうしん』佑学社 ¥430
20・長田弘、大橋歩・絵『ねこのき』クレヨンハウス ¥410

21・戸口ツトム・絵『たのしい絵でおぼえよう あいうえお』むさし書房 ¥820

22・ミルドレッド・カントロウィッツ、ナンシー・ウィンスロー・パーカー・絵、瀬田貞二訳『あした、がっこうへいくんだよ』評論社 ¥100
23・森比左志、菊池俊治・絵『つきがみていたはなし』こぐま社 ¥610

24・ジャン・ド・ブリュノフ、矢川澄子訳『ババールのこどもたち』評論社 ¥1222

25・トミー・デ・パオラ、鈴木晶訳『ボンジュール、サティおじさん』ほるぷ出版 ¥170

26・ミシェル・ゲイ・作/絵、末松氷海子訳『どきどきドライブ』佑学社 ¥170

27・ピーター・コリントン『聖なる夜に』ブックローン出版 ¥170

28・クレメント・ムーア、トミー・デ・パオラ・絵、金関寿夫訳『あすはたのしいクリスマス』ほるぷ出版 ¥170

29・ビアンキ、内田莉莎子訳、片山健・絵『ごてんにすむのはだれ?』福音館書店 ¥170

30・長谷川摂子、沼野正子・絵『ひらひらころころあきまつり くさばなおみせやさんごっこ』福音館書店 ¥250

31・ジャヴァード・モジャービー、ファルシード・メスガーリ・絵、桜田方子/猪熊葉子訳『青い目のペサラク』ほるぷ出版 ¥170

32・きどのりこ、鈴木靖将・絵『ラーゲルレーヴの ともしび』日本基督教団出版局 ¥340

33・吉崎正巳、林公義・監修『ひがたでみつけた』福音館書店 ¥100

34・ゲイル・E・ヘイリー、芦野あき訳『グリーンマン』ほるぷ出版 ¥170

35・ミヒャエル・エンデ、マリー=ルイーゼ・プリッケン・絵、虎頭恵美子訳『がんばりやのかめトランキラ』ほるぷ出版 ¥170

36・菅原久夫、白根美代子・絵『おおばこ』福音館書店 ¥100

37・ペッツィー・バックス、野坂悦子訳『フィーンチェのあかいキックボード』ブックローン出版 ¥170

38・馬場のぼる『もん太と大いのしし』ポプラ社 ¥170

39・相笠正義『のこぎりくわがた』福音館書店 ¥170

40・老舎(ラオ・ショ)、陳永鎮(チェン・インチン)・絵、君島久子訳『まほうの船』ほるぷ出版 ¥100

41・張士傑(チャン・スージエ)、王治華(ワン・ジファ)・絵、漆原寿美子訳『ふしぎな皿の小さな漁師』ほるぷ出版 ¥100

42・ジャニナ・ドマンスカ、岩田みみ訳『パンをたべるのはだれですか?』ほるぷ出版 ¥100

 

***

 

 ●書きかけ。去年の元旦も新聞折込チラシを見て、a)の店舗のセールに行っていた。今年も案の定チラシが入っていて、開店時刻を狙って行ってきた。珍しい本や欲しかった本が多数見つかって嬉しい収穫。昨年中にとある道路が開通したおかげで、この店舗までのアクセスが抜群に良くなった。

 1:

 2:

 3:染色による布絵の絵本で、題名の通り猫づくし。一枚絵の連続、人間くさい猫がたくさん登場し、一コマ風刺漫画の趣。ネズミとの立場を逆転させた絵や、猫のことわざをもう一捻りした絵など。惜しいのは、表紙裏表紙はカラーなのに、中身は全てモノクロになっているところで、本当だったらカラフルで渋い配色の染め絵が拝めるはずだというところ。

 4:まほうつかいメルリックシリーズの6巻目。

 5:

 6:河本祥子は、こうもとさちこ、と読む。

 7:

 8:

 9:

 10:

 11:

 12:はんしろうの名の由来は、背中が半分白いことで"はんしろ"、これにおまけの"う"をつけてはんしろうということだ。帽子を買ってもらって嬉しくて笑うはんしろうの話。帽子が大きすぎて視界が遮られて、足元で粗相を繰り返す。

 13:

 14:

 15:

 16:ぬぷんふるさと絵本シリーズの2巻目。阿部公洋は、あべこうよう。羽田空港があった場所に要島(かなめじま)という島があったそうで、その島に伝わる昔話。あなもりとは、穴守りのことで、島にめぐらせた防波堤(土手)にあいてしまった穴のところを、暴風雨や高波から守ってくれていたお稲荷様のこと。表裏の表紙全体に描かれた島の様子を見ると、5軒しか家が建っておらず、本当に小さな島だったようだ。

 17:さるのウォーレスを、ウォーリーをさがせ的に探す絵本。飼育係のフランビーさんが、わざとウォーレスがあちこち脱走してしまうように仕向けていて、ウォーレスと一緒にあちこち行けるのを楽しんでいるのが面白い。

 18:

 19:ほとんど絵だけの作品で、訳者名無記載。

 20:おばあさんといつも一緒だった猫が亡くなって、その死体を庭に埋めたら木が生え、なった実が落ちたと思ったら、以前の猫そっくりの子猫になったという話。この猫には名前がないのかな。

 21:リンク先のものは、初版年のものだが、今回購入したものは定価が¥1942のもの。いつの版なのかは記載がなく分からない。カバー付。

 22:明日から小学校へ行く男の子が、くまのぬいぐるみのウィリーに話しかけながら話は進む。期待と不安で眠れないのは男の子自身なのに、男の子はそれをウィリーの人格に置き換えて、小さな明かりをつけてやったり、水を持ってきてやったりの世話をする。ウィリーの世話をしながら、自分自身の心のケアをしている様子がなんともいじらしい。朝の登校前の準備は万端、しっかりしたもので、夜に感じていた不安は随分と吹っ切れたよう。成長の一場面をよく捉えた作品と思う。

 23:山のふもとの小学校の校庭で、満月の夜、山の動物たちが遊んでいる。それを1年生たちが作った粘土の動物たちがいつも見ている。ある秋の満月の前日に、嵐になった。満月の晩に山の動物たちの姿が見えないので、粘土の動物たちが山へ様子を見に行くと、途中の橋が落ちていて、橋の向こうに立ち往生している山の動物たちがいた。そばにあった背の高い木を何とか倒して橋にして、元通り、満月の夜には校庭に遊びに来れられるようになったという話。きくちとしはる氏の簡潔と繊細の入り混じる木版画が素晴らしい。また、夜や夜の明けていく色の単純な表現に用いる絶妙な色の選びが良くて、色だけに着目してページを何度か繰ってみたりして楽しんだ。

 24:

 25:

 26:

 27:

 28:訳者名は、かなせきひさお、と読む。

 29:御殿(ごてん)とは、森の中の一本の木に空いた穴のこと。最初は、きつつきがその穴を開けて住んだのだが、巣立っていったのちに、むくどりが住み、それを追い出してフクロウが住み、という風に住民がどんどん入れ替わりながら、少しずつ削れたり腐ったりして穴が大きくなっていき、最後は、くまが蜂蜜をとろうとしてばらばらに破壊してしまう。読み進むにつれて分かってくつみあげうたやきりなしうたと呼ばれる要素に気づいて、次を予想し始めさせるころあいに読んでいて俄然面白くなる。

 30:やまのふもとのどんぐりえんという保育園だか幼稚園の、15人の子どもたちと2人の先生が、あきまつりとして、枯葉などの草花や収穫した野菜や芋、枝や木の実などで、お店屋さんごっこをして遊ぶ。作中に出てくる工作物や遊びかたが、巻末に、丁寧な絵で解説されている。文章と子どもたちの絵をよく読み解いていくと、全員の識別ができるようになっている。私にはそういうのをせっせと確かめて読んでしまう癖がある。

 31:1973年国際アンデルセン賞受賞画家による絵本。桜田方子は、さくらだまさこ。

 32:岩波文庫の『キリスト伝説集』にも収録されている、セルマ・ラーゲルレーヴの書いた「ともしび」という作品を絵本にしたもの。そちらの文庫を入手して全編読んでみたいなと思わせる、とても惹きつける力の強い物語だった。乱暴者が、弱くてすぐにでも消えてしまいそうなともしびを、ろうそくを交換しながら辛抱強く故郷のマリア像の前まで運ぶ話。鈴木靖将氏のどこか不気味さをまとった絵が、主人公ラニエロや人間の卑しさを容赦なくあぶり出しているようにも思える。フィレンツェの青い丘の連なりが見えてきた場面、表紙・裏表紙のステンドグラスが特に好きな絵。また、各ページでのゆらめくともしびの表現を、それぞれを見比べるのも一興。

 33:干潟の穴を掘りまくって、いろいろな生き物を探す絵本。最後は、干潟上の小鳥などにも目を向ける。いそぎんちゃくに捕まっていて放り出された死んだ魚が、むしろがいという動物の死骸を餌にしている貝に群がられている絵は、なかなかぞっとするものがある。ほととぎすがいという名の貝が載っているのだが、からすがいのように、紫色をした貝。貝の名前に、鳥の名前が付いているものは、他にもありそう。

 34:グリーンマンとは、収穫とか豊穣の神様。グリーンマンにお供え物をする人々を見下している大地主の息子が、ひょんなことから神隠しのように森に住むグリーンマンのポジションを引き継ぐことになって、1年間?立派にグリーンマンの役を果たす。改心して元に家に帰る話。よくできた物語で、絵織物のような濃密な絵が素晴らしい。この作家の作品をもっと多く読んでみたい。

 35:

 36:

 37:

 38:1992年8月発行の16刷で、リンク先は2000年発行の改訂版になっているが、今回購入は改訂版ではない。馬場のぼるさんの絵のやさしいタッチに、本当にぴったりマッチしたほんわか平和な物語。いのししの体の硬さは、その食肉を見たら自然と頷かれる。背の脂の厚さのすごいこと。

 39:樹液を吸う、カブトムシがきたので避ける、そのまま木の枝を散歩、誤って墜落、仰向けからなんとか体を起こして去って行く。という、ごくごく簡単なストーリーのクワガタムシの絵本。

 40:北京・外文出版社の絵本の存在を知ったあとで、このほるぷ出版の絵本をあらためて見てみると、版型や画面の作り方など本当にそっくりで、中国ではよくこういう形式で絵本が出版されるのだろうなあと思う。仙人を助けた少年が、紙製のサイズが変化する携帯可能なまほうの船(原題は『宝船』)をもらうが、正直者過ぎて悪漢にだまされ船を奪われる。それを奪還する話。猫のおでこに渦を巻いているのはつむじだろうか。

 41:

 42:一度手放してしまって惜しくてまた探していた本。背のタイトル文字が焼けて消えかかっているので、こうなると状態がより良いものがまた欲しくなる。