yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計6226円。

 

a)suruga屋にて。

1・アーサー・ガイサート・作、久美沙織訳『コブタをかぞえてI(いち)からMM(にせん)』BL出版 ¥1330

2・クレメント・ムーア・文、トミー・デ・パオラ・絵、金関寿夫訳『あすはたのしいクリスマス』ほるぷ出版 ¥200

3・トミー・デ・パオラ・作、ゆあさふみえ訳『アンソニーとまほうのゆびわ』偕成社 ¥475

4・オー・ヘンリー・文、リスベート・ツヴェルガー・画、矢川澄子訳『賢者のおくりもの』冨山房 ¥200

5・バイロン・バートン・文/絵、中川千尋訳『さんびきのくま』徳間書店 ¥200

6・ウォルター・テヴィス、小澤身和子訳『クイーンズ・ギャンビット』新潮文庫 ¥285

7・平井和正・原作、桑田二郎・画『完全復刻版 8マン 2』リム出版 ¥285

8・平井和正・原作、桑田二郎・画『完全復刻版 8マン 7』リム出版 ¥247

9・山上たつひこ『半田溶助女狩り』秋田漫画文庫 ¥238

10・手塚治虫『七色いんこ 1』秋田文庫 ¥152

11・大西巨人・原作、のぞゑのぶひさ・漫画、岩田和博・企画/脚色『神聖喜劇 第六巻』幻冬舎 ¥285

12・山本おさむ『ユキーユ 貝殻』小学館文庫 ¥247

13~15・山本おさむ『聖 天才・羽生が恐れた男 新装版 全3巻』小学館 ¥713

16~17・市東亮子『夢の夢 全2巻』秋田書店 ¥200

18~20・森田信吾『影風魔ハヤセ 全3巻』講談社 ¥219

21~25・有間しのぶ『その女、ジルバ 全5巻』小学館 ¥950

 

***

 

 休みをとって本の整理をしていたら、a)から注文していた本が届いた。買った本の整理がなかなか進まない。

 1:

 2:がーん、既所有の本だった。

 3:全3巻ある、まほうつかいのノーナさまシリーズの第1巻。

 4:

 5:ロシアの昔話の「さんびきのくま」のバイロン・バートン版。分かりやすい配色と配置で、ゆかいなお話に仕上がっている。ともすれば、ぞっとさせることもでできるお話だけど、くまも可愛らしく、女の子とともに、びっくりしておしまいという明るさ。

 6:チェス小説。

 7:到着してすぐ読み始め、読了。8マン、曲線的なフォルムで描かれるヒーローの8マンは、想像以上にスタイリッシュ。オーバーヒートして、しばらく動けなくなる、みたいなところ、攻殻機動隊義体を連想させた。小型原子炉を動力源とする点では、ターミネーター(3?4?)でもそんなのがあったような。背ヤケがひどいのが残念。

 8:収集中の漫画。7,8購入でこれで全巻揃った。若干背ヤケ気味。最終巻は、短篇作品集になっていて、若干薄味。最終の一篇は、漫画ではなく、絵物語風になっている。

 9:

 10:収集中の漫画。目次を見たら、有名な戯曲のタイトルが並んでいるので、面白そう!と思って、早速読了。出てくる戯曲作家は、シェイクスピアゴーリキーイプセン岡本綺堂テネシー・ウィリアムズチェーホフゴーゴリ、メノッティ、アルト=ハイデルベルクカミュブラックジャックの演劇版といった作品。これまで読んでこなくて、幸運だった。

 11:収集中の漫画。これで全巻揃った。

 12:身近に片耳が聞こえない人がいて、それと同じ主人公が登場して驚いた。定食屋で夕食を食べながら、一気読み。同窓会で再開した男女の恋愛ものだけど、人生を互いに応援する愛の物語であって、涙した。出てくる貝は、ホネガイ。堀口大學訳のジャン・コクトーの単文詩"私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ"が、引用される。

 13~15:将棋漫画。

 16~17:『金魚屋古書店 13』で登場して気になっていた漫画。

 18~20:2022/8/10読了。信長・秀吉・家康・光秀などが登場する時代の忍者漫画。忍術対決の残酷だが美麗な描写と政治的な駆け引き、武将たちの人物造形など、魅力がいっぱい詰まる、めっけもんの作品だった。

 21~25:作品中にヒトハコ古本市が出てくるという噂をtwitterかどこかで目にして気になっていた漫画。