yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計1700円。

 

a)第8回海の見えるヒトハコ古本市&せとうちのみの市にて。

1・どろなわ『たのしいエア手芸』 ¥100 dorond

2・どろなわ『夏をやりすごしたい』 ¥300 dorond

3・川崎大治、宮下森・画『ねずみちょうじゃ』あい書房 ¥400 takeutike  

4・ヒュウ・ロフティング・おはなし、光吉夏弥訳、横山隆一・絵『もりのおばあさん』岩波書店 ¥300 takeutike

 

b)仏生山温泉50m書店にて。

5・多島斗志之『龍の議定書(プロトコル)』講談社文庫 ¥200

6・今日泊亜蘭『光の塔』早川文庫 ¥200

7・トニー・ケンリック、上田公子訳『暗くなるまで待て』角川文庫 200

 

***

 

 書きかけ。

 1:

 2:

 3:

 4:

 5:

 6:

 7:

今日買った本

■今日買った本。計1790円。

 

a)櫻茶屋にて。→初入店。新装開店で、新刊本コーナーができた。本購入無し、飲食利用。

 

b)ブックオフonlineにて。

1・東君平『どきどきうんどうかい』あかね書房 ¥198

2・江川多喜雄、やべみつのり『みんなのくうき』童心社 ¥398

3・マリー・ホール・エッツ/アウロラ・ラバスティダ・作、マリー・ホール・エッツ・画、田辺五十鈴訳『クリスマスまであと九日 セシのポサダの日』冨山房 ¥498

4・松下かつとし、鈴木靖将・絵『骨食い太郎 骨が溶ける難病とガンの克服を描いた童話と手記』ミネルヴァ書房 ¥348

5・松野杜夫『幕末麻雀新選組』講談社 ¥348

 

***

 

 a)の新刊書籍のコーナーが、昨日できたという情報を得たので、早速行ってきた。どうやら、uta to taneのお店をされていた方が、その選書を担当したようだ。夏葉社の本の取り扱いもある。高野文子・絵の知らない児童書があり、買おうか迷ったのだが、金欠のため買えず。b)は、実際は昨日に届いたもの。

 1:たっくんシリーズの1冊。

 2:やべみつのり氏は漢字で矢部光徳と書く。

 3:1960年コルデコット賞受賞作。

 4:鈴木靖将の絵が拝めるということで購入。

 5:大して麻雀のルールや役を理解していないのだが、なんだか気になってしまう麻雀小説ということで購入。時代物で麻雀という妙な取り合わせが面白い。

今日買った本

■今日買った本。計200円。

 

a)古書bunにて。

1・『別冊きまぐれみかんロード 創刊号』柑橘ソムリエ愛媛 ¥200

 

***

 

 a)にはいくつかのzine/リトルプレスが置いてあるのだが、今回はファンである「かんきつ家」の方も書いている1が目に飛び込んできたので、即購入。

今日買った本

■今日買った本。計7808+1100+1960+432(+1000)+200+2748(+300)=14248(+1300)円。

 

a)ブックオフPLUS11号観音寺店にて。→初入店。

1・大川悦生・作、梅田俊作・絵『さるじぞうほいほい』ポプラ社 ¥260

2・多田ひろみ・作、柳生弦一郎・絵『なーちゃんとおおかみ』福音館書店 ¥360

3・シビル・ウェッタシンハ・作、松岡享子訳『ポッダとポッディ』福音館書店 ¥360

4・水野都喜子・絵と文、山本直英・監修『せっくすのえほん』あゆみ出版 ¥560

5・V・ベレストフ・原案、阪田寛夫・文、長新太・絵『だくちるだくちる はじめてのうた』福音館書店 ¥260

6・アヒム・ブレーガー・作、ギゼラ・カロフ・絵、虎頭恵美子訳『ブルーノのふしぎな電話』NTT出版 ¥510

7・五味太郎『からだのみなさん』福音館書店 ¥260

8・リチャード・スキャリー・作、奥田継夫訳『せかいいちさわがしいかばのヒルダさん』ブックローン出版 ¥560

9・リチャード・スキャリー・作、奥田継夫訳『せかいいちいそがしいぶたのしょうぼうし』ブックローン出版 ¥560

10・リチャード・スキャリー・作、奥田継夫訳『せかいいちはらぺこな3にんぐみ』ブックローン出版 ¥560

11・リチャード・スキャリー・作、奥田継夫訳『スモーキーはしょうぼうだいすき』ブックローン出版 ¥460

12・リチャード・スキャリー・作、奥田継夫訳『ハリーとラリーはりょうしがだいすき』ブックローン出版 ¥460

13・ハンス・クリスチャン・アンデルセン・原作、堀尾青史・脚本、いわさきちひろ・画『人魚ひめ』童心社 ¥1000

14・那須正幹・文、清水耕蔵・絵『ヤマトタケル』ポプラ社 ¥560

15・レギーネ・シントラー・文、エレオノーレ・シュミート・絵、上田真而子訳『ろばのナポレオン』福音館書店 ¥360

16・斎藤隆介、岩崎ちひろ・絵『ひさの星』岩崎書店 ¥200

17・菊池日出夫・作『さんねんごい』福音館書店 ¥410

18・見延典子『もう頰づえはつかない』講談社文庫 ¥108

 

b)ブックマーケットプラス善通寺店にて。→初入店。

19・太田大八『絵本タルタル10』ブックローン出版 ¥300

20・瀬名恵子・作/絵『さかなってなにさ』金の星社 ¥300

21・ウルスラ・ジェナジーノ・作、ヨゼフ・ウィルコン・絵、泉千穂子訳『ミンケパットさんと小鳥たち』セーラー出版 ¥500

 

c)ブックメイト郡家店にて。→初入店、本購入無し。

 

d)ブックオフ高松国分寺店にて。→初入店。

22・ジアン・パオロ・チェゼラーニ・文、ピエロ・ベントゥーラ・絵、吉田悟郎訳『北極探検』評論社 ¥500

23・グウィン・ビバース・文、サラ・プーリー・絵、小林登/中山知子・共訳『みんなのからだ』西村書店 ¥200

24・辻村益朗・作『本のれきし5000年』福音館書店 ¥200

25・大西暢夫『おばあちゃんは木になった』ポプラ社 ¥200

26・きどのりこ・文、鈴木靖将・絵『ハンネリおじさん』日本基督教団出版局 ¥200

27・佐々木マキ『おばけとどろぼう』教育画劇 ¥660

 

e)かまんよ書店にて。→店舗販売しておらず。

 

f)ブックオフ高松仏生山店にて。¥432+¥1000

28・中井英夫『人形たちの夜』講談社文庫 ¥108

29・中井英夫『幻想博物館』講談社文庫 ¥108

30・中井英夫『悪夢の骨牌』講談社文庫 ¥108

とらんぷ譚2

31・篠田真由美『ルチフェロ』学研M文庫 ¥108

+"教出の音楽鑑賞レコード(小学校用)"というLPレコードで、3年生向けのその1と、4年生向けのその1。各¥500

 

g)仏生山温泉50m書店にて。→この店名?コーナー名?になってからは初入店。

32・柴田翔『されどわれらが日々--』文春文庫 ¥200

 

h)ソロー。→定休日で入店できず。

 

i)ブックオフ高松東バイパス店にて。→初入店。¥3048-300

33・イブ・スパング・オルセン・作/絵、山内清子訳『つきのぼうや』福音館書店 ¥360

34・みなみ信州農業共同組合・文、熊谷元一・絵『ふるさと見直す絵本 8 もらい風呂 農家のくらし2』農山漁村文化協会 ¥760

35・甲斐信枝・作、八木沼健夫・監修『こがねぐも』福音館書店 ¥360

36・ミッシェル=ゲ・作/絵、山下明生訳『ぺんぎんぼうやビブンデ』講談社 ¥560

37・梅棹忠夫『夜はまだあけぬか』講談社文庫 ¥108

38・大海赫・作/絵『ビビを見た!』ブッキング ¥200

39・ルース・クラフト・文、エリックブレッグバッド・絵、山田修治訳『ふゆのくまさん』アリス館 ¥200

40・鶴見正夫・文、清水耕蔵・作/絵『海神島』講談社 ¥200

+ざんげの値打ちもない¥300

 

***

 

 書きかけ。

 1:

 2:

 3:

 4:

 5:

 6:

 7:

 8:

 9:

 10:

 11:

 12:

 13:

 14:

 15:

 16:未読と思ったら、過去に買っていて売却済みだった。再読したら行商用になるかも。

 17:

 18:

 19:

 20:

 21:

 22:

 23:

 24:

 25:

 26:

 27:

 28~30:行商用。29はとらんぷ譚1、30はとらんぷ譚2。 

 31:

 32:

 33:

 34:

 35:

 36:

 37:

 38:

 39:

 40:

今日買った本

■今日買った本。計7773円。

 

a)ブックオフ徳島阿南店にて。

1・井尻正二・文、金子文蔵・絵『ぞうの花子』築地書館 ¥108

2・黄島点心『黄色い悪夢』リイド社 ¥108

 

b)ブックオフonlineにて。

3~6・たなか亜希夫『Glaucos 1~4』講談社 各¥128

7・    『フリースタイル 38 デーヴィッド・マークスインタビュー interviewed by 鏡明』フリースタイル ¥649

8・トニー・ケンリック、上田公子訳『マイ・フェア・レディーズ』角川文庫 ¥108

9・フリーデリーケ・マイレッカー、アンゲーリカ・カウフマン・絵、三浦美紀子訳『ミニ・サウルス ズィンクレア・ゾフォクレス』草土文化 ¥498

 

c)suruga屋にて。

19・トニー・ケンリック、上田公子訳『リリアンと悪党ども』角川文庫 ¥150

11・トニー・ケンリック、沢川進訳『チャイナ・ホワイト』角川文庫 ¥150

12・目取真俊『虹の鳥』影書房 ¥1000

13~15・岡崎英生・作、上村一夫・画『悪の華 1~3』けいせい出版 セットで¥3800

16・『Weekly漫画アクション 1971年5月27日号』双葉社 ¥690

 

***

 

 あわび祭りという海辺のイベントに行った帰りに、久しぶりのa)へ。たまに良い絵本がある。b),c)は、最近届いたもの。

 1:新・どうぶつの絵本シリーズというシリーズの1冊。旭川動物園にいた花子という象の話。足がクル病になってしまい、剥製にしようとしたところを、剝製師の献身的な介護やリハビリによって歩行できるようになった。しかしその後、また足を骨折するなどトラブルが連続する。タイ生まれの花子には、北海道の寒さはきつかったろうなあ。

 2:漫画に詳しい知人が薦めていたので試しに購入。グロテスクな悪夢的作品が多いが、全体に勢いがあり創作にかける情熱を感じさせる。巻頭の「断末夢」が最も恐ろしい。

 3~6:フリーダイビングに取材した漫画。伊良部島のゲストハウスの本棚で見つけて知った作品。映画『グラン・ブルー』を観てみたい。フリーなんとか、というスポーツ、競技には、思想面が強調されることが多いように思うが、ダイビングでもやはりそうなのだと思った。物語は、独特の終わり方をするが、『軍鶏』なんかを読んでいても、この作家の作品は、主人公はいつも物語に沿う存在ではないと気づかせてくれるように思う。脾臓についての実際の研究成果などを取り入れてある。

 7:

 8:

 9:

 10:

 11:

 12:2019/7/12読了。暴力描写がえぐくて、読むのが辛かったが、カツヤが比嘉に暴力でしばられるように、気づけば私もこの小説の暴力に依存するような感じで読み進んでいた(p.76の"自分を傷つけた相手に対する、一見奇異に見える行為が、しかし、カツヤにはよく理解できるような気がした。"を連想している。)。この小説の暴力は、沖縄の女性たちがこれまで(そして今でも続く)米軍にされた暴力に対して突きつけられるものだと感じた。p.191の"だが必要なのは、もっと醜いものだと思った。少女を暴行した三名の米兵たちの醜さに釣り合うような。"。この一文を、小説の形にして突きつけている。

 13~15:

 16:阿久悠・作、上村一夫・画「ジョンとヨーコ」のNo.5「とてもシャーなヒコーキ野郎」掲載。

今日買った本

■今日買った本。計432円。

 

a)平惣小松島店にて。

1・エドワード・ゴーリー・絵、ヒレア・ブロック・文、柴田元幸訳『悪いことをして罰があたった子どもたちの話』河出書房新社 ¥216

2・エドワード・リア・文、エドワード・ゴーリー・絵、柴田元幸訳『ジャンブリーズ』河出書房新社 ¥216

 

***

 

 王将でいつものようにレバニラ炒めを食べた後、a)へ寄ってみたら、ゴーリー絵本がいくつか置いてあった。未読のものだけ回収。

 1:

 2:

今日買った本

■今日買った本。計1338円。

 

a)プラネットにて。→初入店、本購入無し。

 

b)えほんやhoccorieにて。→既に閉店したことを確認。

 

c)ファミリー書店にて。→初入店。

1・パトリシア・ローバー・著、藤田千枝訳『ミイラ物語 その生い立ちを推理する』さ・え・ら書房 ¥180

2・トニー・ケンリック、上田公子訳『スカイジャック』角川文庫 ¥200

3・とくだきよ/上運天研成・文、安室二三雄・絵『魚が鳥を食った話 尖閣列島・南小島の動物たち』那覇出版社 ¥300

4・斎藤公子・編集、儀間比呂志・絵、木村次郎・作詞、丸山亜季・作曲『わらしべ王子』創風社 ¥550

 

d)つかざん書房にて。→看板だけがあった、既に閉店したことを確認。

 

e)ブックオフ徳島川内店にて。

5・熊谷守一・絵、ぱくきょんみ・文『はじまるよ』福音館書店 ¥108

 

***

 

 わずか2泊3日で伊良部島宮古島へ行ってきたのだが、今日はその最終日だった。a)は宮古島の印刷屋さんで、そこでしか手に入らない本があるとの情報を得て行ってみたが、目当ての本の在庫がもうないようであった。ただ1冊あるはずだから探しておく、と言われ、それを期待して連絡を待つことにする。那覇でのトランジットが4時間くらいあったので、b),c)の初入店を狙ったが、b)は、2018年4月で閉店してしまったらしい。c)はオールジャンルを取り揃える、棚の見やすい古本屋だった。d)は、c)の近くの路地に、割れた立て看板?があったのに気づいたもの。店舗は、よほど前に閉店したようだ。e)は、閉店前に寄ってみたもの。

 1:那覇市立図書館の除籍本。

 2:

 3:

 4:

 5:熊谷守一の絵に言葉を添えた絵本。最初と最後が、朝と夜の絵。その間は、さまざまな生き物の絵が占めて、日中に生き物たちが元気に過ごしている様子を並べた感じ。ことりの絵が良い。

今日買った本

■今日買った本。計13312円。

 

a)第16回天神さんでヒトハコ古本市にて。

1・木村えいじ『マダラ 闘犬無頼控』講談社 ¥200 morimoto

2・飯森広一『クロ北へ走れ!』集英社 ¥100 morimoto

3・飯森広一『ああ北極の犬たちよ 動物漫画シリーズ傑作選1』集英社 ¥100 morimoto

4・飯森広一『天塩の人食い 動物漫画シリーズ傑作選3』集英社 ¥100 morimoto

5・村野守美『秘薬淫楽』東京三世社 ¥500 morimoto

6~8・矢口高雄『おらが村 第1~3集』双葉社 ¥1500 morimoto

9・『COM 1971年4月号』虫プロ商事株式会社 ¥200 manoaa

10・岡本雄司・作『でんしゃにのったよ』福音館書店 ¥700 yurune

11・白土三平/石森章太郎/桑田次郎/小沢さとる/古城武司/松本あきら/堀江卓/一峰大二/藤子不二雄/横山光輝『忍法十番勝負』秋田書店 ¥150 羊夢

12・堀道広『耳かき仕事人サミュエル』青林工藝舎 ¥200 羊夢

13・灰谷健次郎ほか編、長新太・絵『たいようのおなら』サンリード ¥700 sus

14・山本善行/清水裕也『漱石全集を買った日 古書店主とお客さんによる古本入門』夏葉社 ¥1404 ramda

15・宮崎駿・原作、下村家惠子・作『飛行石の謎』徳間書店 ¥400 ramda

16・妻有の婦人教育を考える集団・編『豪雪と過疎と 新潟県十日町周辺の主婦の生活記録』未来社 ¥100 yamaza

17・ながたはるみ『植物あそび』福音館書店 ¥600 fumi

18・『机●』 ¥400 tukuke

 

b)hontoにて。5832-284p=5548

19・加古里子『』福音館書店 ¥

20・加古里子『』福音館書店 ¥

21・加古里子『』福音館書店 ¥

22・加古里子『』福音館書店 ¥

23・加古里子『』福音館書店 ¥

24・加古里子『』福音館書店 ¥

 

c)ヤフオクにて。

25・三浦園子・作『おばけのくねりとおばけのねねり』福武書店 ¥410

 

***

 

 ●書きかけ。通販で買ったb),c)は、実際には、a)に前後して届いたもの。

 1:土佐闘犬の話。一種の貴種流離譚で、黒駒号との因縁と対決にだけに集中した話だと良かったなあと思う。闘犬ブラックホールという章は、そのアホくささを楽しめるけれども、やっぱり本筋からすると不要と思う。

 2:3,4のシリーズと紛らわしいのだが、これは「動物シリーズ」の第3巻となっている。犬の帰巣本能や、ともすれば危険を伴う象の飼育、オスの犬が子猫を育てる実話、日本初の盲導犬誕生秘話、と4つの動物を中心に据えた短篇集。絵は、可愛らしいが、どれも胸を打つ話ばかり。健全な作品。

 3:4篇収録。「ああ北極の犬たちよ」は植村直己の『北極横断冒険記』より、また、「下北のサル軍団」は鈴木喜代春北限のサルと生きる』より、とあって、動物に関する一級のノンフィクションを少年漫画化しており、絵は時々子どもっぽいが、さすがの読み応え。解説は、当時、東武動物自然公園園長の西山登志雄氏。4の解説も同じ。

 4:4篇収録。いずれもフィクションなのかノンフィクションなのか、分からないが、創作と実際にあったことをないまぜにした作品なのではないだろうか。迫真性のある作品が並ぶ。3と同じく解説は西山登志雄氏は、熊に噛まれたことがあるというからゾッとする。

 5:カバー袖に書いてあったが、これまで読んできた村野守美作品は文句なく最高傑作だった。大人のおもちゃや媚薬などを商いを軸に、時代ものでエロティシズムを描く。抑えた欲望と解放される欲望が出入りして、読みながら頭がぐらぐらした。

 6~8:

 9:

 10:

 11:昭和41年刊の作品なのに、hontoで調べてみると今でも新品の本が買えるとはすごい。1ページ、綴じが外れてしまっているページがあったが、この値段なら気にしない。大坂城に秘密裏につくられたという抜け穴の図面が描かれている巻物をめぐって忍者たちが壮絶な戦いを繰り広げる連作短篇集。10人の当時の人気作家による連作で、この企画は大当たりしたはず。さまざまな忍術が各篇で繰り出されるので、後半に描く作家はアイディアをひねり出すのに苦労したかも。さすがというか、白土三平の回が戦いに凄みがあって読み応えがあった。

 12:耳かきが好きなので、買ってみた。あとがきで、作者の奥さんが耳かき好きで、作者の親戚や自身の友人の耳かきまでするということが書いてあって、驚いた。私には自分以外の人の耳かきをしてみたくても、それができそうな人はせいぜい2人くらいしかいないので、羨ましいことだ。ヘタウマな絵はイラストの仕事で見知っていたが、ストーリー漫画作品を読むのは初めて。正直あまり期待していなかったが、意外にもストーリーは変化に富んでおり一気読みとなった。

 13:

 14:

 15:

 16:

 17:

 18:

 19:

 20:

 21:

 22:

 23:

 24:

 25:パッチワークや刺繍で絵を描いた絵本。おばけの2人が、ハロウィン的発想なのか、なぜかおばけかぼちゃから生まれる。遊び相手を探して、夜の森の中、出会う動物や鳥にあれこれ話しかけるが、怖がられ逃げられ続ける。後半ようやく彼らと友だちになることができて、明け方まで一緒に遊ぶ。ねねりとくねりの体として使われている布は、男性用の真っ白なアンダーシャツかな。

今日買った本

■今日買った本。計800円。

 

a)第9回よろずまち一箱古本市にて。→初会場入り。

1・造事務所編『無人島での暮らし方』大和書房 ¥200 alumishobo

2・大島千春『いぶり暮らし 1』徳間書店 ¥200 books240

 

b)本屋PLUGにて。→初入店。

3・山本忠敬・作『日本の自動車の歴史』福音館書店 ¥100

4・中西敏夫・文、米本久美子・絵『小麦・ふくらんでパン』福音館書店 ¥100

5・菊池日出夫・作『みんなでたうえ』福音館書店 ¥100

6・広田尚敬『東京 首都圏の電車100点』講談社 ¥100

 

c)南海フェリーにて。→閲覧専用の船内本棚を確認。

 

***

 

 書きかけ。●

 1:無人島サバイバル経験者なので、こういう本は好き。しかし、例えば、p.24~25の見開きで、「必見!! 海水を飲料水にする方法」という章題なのに、唯一の図を見ると海水ではなくにごり水用のろ過装置の図が描いてあるのは、紛らわしく、本としての作りが甘いと思う。必"見"なら図を見るだろう。必"読"なら文章を読むだろう。章題が「必読!! 海水を飲料水にする方法」なら、適切(本文中には海水を飲料水にする方法が書いてあるから)。

 2:燻製料理漫画。同棲カップルの恋愛は、読んでいて照れるが、燻製に関する豆知識が得られるのが面白い。続巻を読んでみたい。

 3:月刊「たくさんのふしぎ」通巻82号1992年1月号のペラペラ版。

 4:月刊「たくさんのふしぎ」通巻92号1992年11月号のペラペラ版。

 5:月刊予約・科学絵本「かがくのとも」通巻290号1993年5月1日発行のペラペラ版。特製版は出ていないようだ。犬のラッキーが出てくるので、一連ののらっこシリーズのうちの一冊。どんな田んぼが手作業による田植えをするのか、そのときどのようなやりかたで田植えをするのか、漫画風によく分かる絵本。

 6:

今日買った本

■今日買った本。計200円。

 

a)まちライブラリーひとはこのみの市にて。→初会場入り。

1・『SF宝石 1980年6月号』光文社 ¥100

2・カート・ヴォネガット・ジュニア、浅倉久志訳『プレイヤーピアノ』ハヤカワ文庫 ¥50

3・三浦光世・三浦綾子『太陽はいつも雲の上に 私たちを支えた言葉』講談社文庫 ¥50

 

***

 

 ずっと気になっていたa)へようやく行けた。近年は半年に1度開催らしく、おそらく主催者と思われるかたに、開催情報のウェブ上のありかを教えていただいた。次回は、勤労感謝の日あたりになるようだ。1~3の本の他に、ジョニー・キャッシュのベスト盤(香港製)を買えたのが嬉しかった。ピーター・バラカン氏がラジオで薦めているアーティストで気になっていたからだ。

 1:特集がスタニスワフ・レムの世界ということで、特写グラフ+インタビュウ+短篇「真実」(深見弾訳)+『泰平ヨンの航星日記』書評を掲載。「真実」は、調べたところによると、講談社文庫の『すばらしきレムの世界 2』に収録されているので、いずれそちらを入手したいところ。

 2:ほとんど読んでこなかったヴォネガットだが、処女長編ということで気になり購入。

 3:装画が、畑農照雄氏ということで購入。ただ、私が思っている畑農照雄らしい絵とはだいぶ異なっているのだが。

今日買った本

■今日買った本。計1512円。

 

a)ブックオフ福岡トリアス久山店にて。

1~6・愛英史・原作、里見桂・漫画『ゼロ The Man of The Creation 13,14,19,20,22,23』集英社 各¥108

7・かこさとし『かこさとし七色のおはなしえほん8 ぞうのむらのそんちょうさん』偕成社 ¥108

8・かこさとし『かこさとし七色のおはなしえほん9 こまったこぐまこまったこりす』偕成社 ¥108

9・かこさとし『かこさとし七色のおはなしえほん10 サン・サン・サンタひみつきち』偕成社 ¥108

10・かこさとし『かこさとし七色のおはなしえほん12 こわやおとろしおにやかた』偕成社 ¥108

11・かこさとし『かこさとし七色のおはなしえほん14 しらかばスズランおんがくたい』偕成社 ¥108

12・大塚勇三・作、丸木俊・絵『うみのがくたい』福音館書店 ¥108

13・松井直・再話、赤羽末吉・画『だいくとおにろく』福音館書店 ¥108

14・得田之久・作『いろいろなむし』福音館書店 ¥108

 

***

 

 書きかけ。

 1~6:収集中の漫画。

 7:

 8:

 9:

 10:

 11:

 12:丸木俊の絵にしては、明るい色の多くてカラフルな絵本で気になっていた作品。ある船の乗組員はみな楽器演奏が好きで夕方になると手の空いている人たちは甲板に並んで合奏をしていた。いつでも音楽が始まるとクジラやイルカ、他の魚たちが集まってくるようになった。あるときひどい嵐にあったが、船は、そのクジラやイルカなどの協力により事なきを得た。お礼に船員たちがクジラなどに楽器を渡すと、海の楽隊ができて、めいめいに演奏していたのがいつの間にか音が揃うようになってきて、終いには聞いたこともない不思議な音楽が波の上に響き渡った。それ以後、その海域を船が通ると、時々不思議な音楽が響いてくる、という話。小さな魚たちが、トライアングルやカスタネットヒレや口で持って、ちょんと鳴らしている絵なんか、とっても可愛らしい。

 13:

 14:昆虫を目(もく)で分けた図鑑風の絵本。大分類から小分類にかけて、綱、目、科、となる。目で分けると、アリがハチと同じ仲間の膜翅目、カメムシセミは同じ半翅目、など、直感的には意外な感じがする分類もあって面白かった。

今日買った本

■今日買った本。計7048円。

 

a)本のあるところajiroにて。→初入店。

1・ディーノ・ブッツァーティ、長野徹訳/解説『絵物語』東宣出版 ¥4320

 

b)ブックオフSUPPER BAZAARノース天神にて。

2・竹本健治『かくも水深き不在』新潮文庫 ¥100

3・夏目義一、金子良則・監修『ときがとぶそら』福音館書店 ¥100

4・板倉聖宣・著、楠原義一・画『ジャガイモの花と実』福音館書店 ¥493

5・北川原健/柳生弦一郎『むし歯のもんだい』福音館書店 ¥320

6・柴田香苗・作、上野紀子・絵『ゆうやけのじかんです』文研出版 ¥300

7・ナメ川コーイチ・著『ニャンセンス・ワールド ア・ラ・キャット』平凡社 ¥300

8・岸武雄・作、二俣英五郎・絵『けんぼうは1年生』ポプラ社 ¥300

9・ポール・ボロフスキー・作、山下明生訳『ジョージのがっこう』佑学社 ¥300

10・生田萬・言葉、伊藤桂司・絵『KLIN KLAN(くりんくらん)』三起商行 ¥200

11・谷真介・文、赤坂三好・絵『黄泉のくに』ポプラ社 ¥100

12・阿彦周宜・文、太田大八・絵『星にいったむすめ』ほるぷ出版 ¥100

13・神戸淳吉・文、エム=ナマエ・絵『ざっくりぶうぶうがたがかごろろ』偕成社 ¥100

14・正村貞治・文、中村まさあき・絵『川の水はどこから』草土文化 ¥100

 

***

 

 a)の店にはこれまで帰省のたびに何度も初入店を狙っていたのだが、どうも営業日との相性が悪くて行けずいいたのだが、今回ようやく初入店することが叶った。じっくり棚を見て、外国文学の棚から1冊購入。古本もわずかに置いてあった。欲を言えば、古本がもう少し増えると嬉しいが。店内では、読書会(ある課題図書を読んだ感想を述べ合う会)が行われていて、文化的で良いなあと思った。今回の帰省は、公共交通機関を利用した帰省だったので、持って帰れないほどの本は買うまいと思っていたのだが、b)に行くと思いの外欲しい本が見つかってしまい、もう宅急便で送ればいいやと早々に箍を外してしまい、たくさん買ってしまった。

 1:

 2:単行本で所有しているが文庫好きなので購入。

 3:月刊予約・科学絵本「かがくのとも」通巻498号のペラペラ版。この絵本の朱鷺は、中国の山奥の村を取材して描いたものだそう。ここの朱鷺の子孫が、今佐渡で繁殖しているとのこと。

 4:福音館の科学の本。2009年に仮設社という出版社から復刊している。

 5:カバー付。

 6:みるみる絵本シリーズのうちの1冊。カバー袖に今江祥智の"すいせんのことば"が載っている。公園のブランコを漕ぎながら、想像の世界を旅して、さらには音楽で遊び、やがて夕焼けの時間に心身が帰ってくる、という話。かおりという主人公の目が前髪で隠れていて見えず、妖しい雰囲気を湛えていて、こういう上野紀子さんのうすら寒さを感じさせる絵本に強く惹かれる。子どもの頃は、こわくて近づけなかったが。

 7:

 8:1982年第28回青少年読書感想文全国コンクールの小学校低学年の部の課題図書だったとの帯とシールがついている。

 9:チェコスロバキアの作家。表紙の絵は、いかにもつまらない絵本の雰囲気だったけれど、中身をパラパラ見たらちょっと面白そうだったので購入。ジョージという犬が、少年と一緒に学校に行っていたら言葉を覚えてしまう。ジョージは、動物園の動物たちに習ったことをどんどん教えてあげたので、動物園の動物たちもしゃべることができるようになる。動物たちの学校の先生役を続けていたジョージは、いつしか旅に出る。旅先から手紙を出し続けてくれたジョージが、ようやく帰ることを手紙で知らせてきたところで話は終わる。

 10:

 11:

 12:著者はあひこしゅうぎと読む。

 13:

 14:

今日買った本

■今日買った本。計12500円。

 

a)石畳ヒトハコ古本市にて。→初開催、初会場入り。

1・伴俊男+手塚プロダクション『手塚治虫物語 1928-1959 オサムシ登場』朝日新聞社 ¥700 1003

2・伴俊男+手塚プロダクション『手塚治虫物語 1960-1989 漫画の夢、アニメの夢』朝日新聞社 ¥500 1003

3・五味太郎・さく『ことば』福音館書店 ¥300 本と。

4・やぎゅうまちこ・作『あーそーぼ』福音館書店 ¥0 本と。

5・エルンスト・クライドルフ・作、佐々木田鶴子訳『花のメルヘン』ほるぷ出版 ¥1000 koshori

 

b)まめ書房にて。→初入店、本購入無し。

 

c)K文庫にて。

6・山代巴『荷車の歌』筑摩書房 ¥●

7・『E.Q.M.M. 1960年6月号』早川書房 ¥200/3

8・『E.Q.M.M. 1960年10月号』早川書房 ¥200/3

9・『E.Q.M.M. 1961年4月号』早川書房 ¥200/3

10・『E.Q.M.M. 1961年8月号』早川書房 ¥200/3

11・『E.Q.M.M. 1962年1月号』早川書房 ¥200/3

12・『E.Q.M.M. 1962年6月号』早川書房 ¥200/3

13・『E.Q.M.M. 1961年11月号』早川書房 ¥200/3

14・『E.Q.M.M. 1962年3月号』早川書房 ¥200/3

15・『E.Q.M.M. 1962年8月号』早川書房 ¥200/3

16・『E.Q.M.M. 1962年9月号』早川書房 ¥200/3

17・『E.Q.M.M. 1962年10月号』早川書房 ¥200/3

18・『E.Q.M.M. 1962年11月号』早川書房 ¥200/3

19・『E.Q.M.M. 1962年12月号』早川書房 ¥200/3

20・『E.Q.M.M. 1963年1月号』早川書房 ¥200/3

21・『E.Q.M.M. 1963年2月号』早川書房 ¥200/3

22・『E.Q.M.M. 1963年3月号』早川書房 ¥200/3

23・『E.Q.M.M. 1963年4月号』早川書房 ¥200/3

24・『E.Q.M.M. 1963年5月号』早川書房 ¥200/3

25・『E.Q.M.M. 1963年6月号』早川書房 ¥200/3

26・『E.Q.M.M. 1963年7月号』早川書房 ¥200/3

27・加古里子『かこさとしおたのしみえほん4 あおいしまのゾウガメどん』偕成社 ¥200/3

28・三好銀『私の好きな週末』株式会社KADOKAWA ¥400

29・山川直人『ハモニカ文庫と詩の漫画』ちくま文庫 ¥350

30・ウィルヘルム・ブッシュ、矢川澄子訳『エドワルトの夢』月刊ペン社 ¥600

31・北杜夫・編、堀口俊一・監修『ちょっときどってミッキーマウス講談社文庫

 ¥350

32・北杜夫・編、堀口俊一・監修『ファイトでいこうミッキーマウス講談社文庫 ¥350

33・北杜夫・編、堀口俊一・監修『ミッキーの女の子なんかこわくない』講談社文庫 ¥350

34・木島始・作、本田克己・絵『やせたぶた』福音館書店 ¥

35・後藤竜二・文、岡野和・絵『くさいろのマフラー』草土文化 ¥

36・三井小夜子『じゅうたん ほうら、小鳥がとびだした』 すばる書房 ¥

37・きどのりこ・文、鈴木靖将・絵『アンデレのふしぎな夜』日本基督教団出版局 ¥

38・小沢良吉・作『イボンヌとさんきち』小峰書店 ¥

39・油谷勝海・作、木村功・写真、奥井一満・原案『ココアは、いかが?』福音館書店 ¥500

40・安藤操・文、浜田清・絵『人くいおに』ほるぷ出版 ¥

41・儀間比呂志・作/絵『赤牛モウサー』岩崎書店 ¥

42・インゲル・サンドベルイ/ラッセ・サンドベルイ・作、たせまり訳『アンナちゃんとのっぽのおじさんうみへいく』日本生活協同組合連合会 ¥

43・田島征彦/吉橋通夫・作『こたろう』偕成社 ¥

44・谷真介・文、赤坂三好・絵『十二さま』国土社 ¥

45・花岡大学・作、司修・絵『500ぱのかも』同朋舎 ¥

 

***

 

 書きかけ。

 ●

 1,2:この1,2を併せて完結しているということも確認した上で、ここいらで手塚治虫についての伝記でも読んでみようと思って購入。2019/5/16読了。ばりばり働いた平日の深夜に200ページずつくらい読み進んでいたのだが、働きまくる手塚治虫の毒に当てられたような感じで、もちろん面白かったのだけれど、普段の疲れを倍増させるような読書になった。優秀で頑丈に働きまくる人には、人を巻き込む力もあるように思うが、この伝記漫画を読んでいても、読むのを中断するのが難しくなるような引き込む力が漲っている。チームワークの円滑化のために、スクリーントーンの種別を記号化したり、コマ割りを座標で指示したり、理系的な工夫が見られて勉強になった。1のp.416に、昭和28年頃に流行ったラジオドラマの一つ、北村寿夫作の『新諸国物語』の第2部「笛吹童子」のテーマソングが流れているシーンがあって、「ひゃらーりひゃらりーこ」という歌詞が書いてあった。この言葉は、別のところで聞き知っていたのだが、これが出典らしいことが判って嬉しい。また、2のp.287に、1977年手塚治虫著光文社刊『漫画の描き方』より「漫画オヤツ論」「マンガ記号論」が紹介されていることも、ここにメモしておく。

 3:1978年9月1日発行の月刊予約・科学絵本「かがくのとも」通巻114号のペラペラ版。特製版は出ていない。

 4:2012年4月1日発行の月刊予約絵本「こどものとも年少版」通巻421号のペラペラ版。

 5:ほるぷクラシック絵本。

 6:大竹久一の版画のカットを用いた装幀が素晴らしく、気になっていた本。

 7:カットが北園克衛氏。各カットにkatuéサインは無し。

 8:カットが北園克衛氏と野口久光氏。だが、見たところ、野口久光氏のカットは、p.165の晩年のチャンドラーの肖像画だけ。北園氏のカットの大半には、katuéのサインがある。

 9:カットが北園克衛氏。各カットにkatuéサインは無し。

 10:カットが北園克衛氏。一部を除き、各カットにkatuéサイン有り。この号のカットは、切り絵かな、くっきりはっきりしていて好み。

 11:カットが北園克衛氏。各カットにkatuéサインは無し。

 12:カットが野口久光氏と金森達氏。この号は、特に欲しくもないのに間違って買ってしまったものと思われる。8に掲載された野口久光氏画のチャンドラーの肖像画を縮小した全く同じ画がまた掲載されている。

 13:カットが小松久子氏と東君平氏。これが、君平さんのEQMMでの初の仕事。21歳の時。p.27,29,75,77,98,99,134,137,143で君平さんのカットが拝める。後年のシンプルさにはまだ遠く、複雑で凝ったカットが並ぶ。この仕事への気合いの入れようをひしひしと感じる。

 14:カットが東君平(p.3,5,7,9,35,44,62,,65,70,78,89,91,113,164,189)。今号には、君の字のサインが各カットに添えてある。

 15:カットが北園克衛氏。概ねkatuéサインが入っている。そして、<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「かなしい二人」という結城昌治作品に、東君平氏の絵が大判で3つついている。p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、君平さんを評価する声が投稿されている。

 16:<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「断食錠」という佐野洋作品に、東君平氏の絵が大判で3つ(4つ?(2つ目を1つの絵と見るか2つの絵と見るか))ついている。p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、君平さんを評価する声が投稿されている。

 17:この号は実は既に入手済だが、状態が良いのでまた買ってしまった。お伽噺<おとなのえほん>「昔むかしの少しあと」という都筑道夫作品に、東君平氏の絵が4つついている。16と同様、p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、君平さんの絵を楽しみにしているという声が投稿されている。

 18:<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「飛行船」いう樹下太郎作品に、東君平氏の絵が大判で3つついている。p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、17の都筑道夫東君平の組み合わせに感激する声と、ショート・ショート絵物語の企画はクリーン・ヒットですねという声とが投稿されている。

 19:<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「人は情によって死ぬ」いう光瀬龍作品に、東君平氏の絵が大判で3つついている。p.33の次号予告ページで、"EQMMは新年号から表紙に新鋭東君平氏の絵を飾り、装いを新たに致します。ご期待ください。"とある。

 20:鰈のような魚の表紙絵が東君平氏。EQMMでの表紙の仕事はこの号が初めてで、1963年の全12号分の表紙は君平さんによる。また、この号から角背になった。扉にこのような言葉がある、"1963年新年号−−お約束どおり,若手ずいいちのホープ東君平氏の絵を表紙にかざり,雑誌の形態も変えて,気分一新したEQMMおとどけします."。<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「男の肋骨」いう岩田宏作品に、東君平氏の絵が大判で3つついている。p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、彼女がショート・ショート(絵物語のことを言っているのだと思われる)だけ読むためにEQMMを借りに来るという投稿がある。カットが北園克衛氏。一部を除き、各カットにkatuéサイン有り。

 21:魚の表紙絵が東君平氏。<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「野守は見ずや」いう山口瞳作品に、東君平氏の絵が大判で2つ(3つ?(2つ目を1つの絵と見るか2つの絵と見るか))ついている。p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、"表紙が新年度のホープ東君平さん、またまた本国版の社長を感嘆させることができるでしょうね。"とのコメントあり。ということは、これまでの別の方の表紙絵で本国の社長を感嘆させたことがあるわけだ。どの号でそれが確認できるのだろうか。

 22:魚の表紙絵が東君平氏。<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「ピーや」いう眉村卓作品に、東君平氏の絵が大判で2つついている。この挿絵の枚数が減ってきたのは、表紙絵の仕事のせいかな。

 23:魚?の表紙絵が東君平氏。<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「いつでも夢を」いう石川喬司作品に、東君平氏の絵が大判で3つついている。p.114の「この街のどこかで」という読者のお便りコーナーで、"新装になったEQMMを持って電車に乗っていたら、よその坊やが「アレ、オモチロイ表紙ダナ」というような顔をして眺め入っていました。"とのコメントあり。

 24:魚の表紙絵が東君平氏。<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「森の舘」いう河野典生作品に、東君平氏の絵が大判で2つついている。

 25:魚の表紙絵が東君平氏。<おとなのえほん>ショート・ショート絵物語「もどす」いう福島正実作品に、東君平氏の絵が大判で3つついている。

 26:魚の表紙絵が東君平氏。カットが真鍋博氏と金森馨氏と東君平氏。p.11,48,64,115で君平さんのカットが拝める。それぞれダフネ・デュ・モーリア「烏(The Birds)」、ゴア・ヴィダル「駒鳥(The Robin)」、マルセル・エイメ「小人(Le Nain)」、ブライス・ウォールトン「犯罪統計学(Case History)」という各短篇の始まりのページを飾っている。最後のカットのみ切り絵ではないように思われる。

 27:

 28:著者が亡くなられてから出版された作品集。追悼寄稿から、三好さんの横顔が知れる。いつも通り、無表情でボケだったりトゲを置くように並べた話。

 29:既読感があったのはやはり間違いなく、既に手放してしまった『ハモニカ文庫』と、その他の漫画を収録。その他の漫画とは、江戸川乱歩・原作「木馬は廻る」、菅原克己・原作「<贋札つくり>について」、尾形亀之助・原詩「小さな運動場」、である。菅原克己尾形亀之助、どちらも読みたくなってしまうようなくすっと笑えるようなユーモアある詩で、そんな詩ならもっと読んでみたくなるというものだ。詩を原作とした漫画は珍しいと思うが、他にもあるのだろうか。勝手な欲張りでこの先もっともっと読んでみたいと思う。

 30:地に押印があるけれど、月報付(妖精文庫月報17)が嬉しい。

 31:ミッキー英語コミック文庫の第1巻。

 32:ミッキー英語コミック文庫の第3巻。

 33:ミッキー英語コミック文庫の第4巻。

 34:1991年にリブロポートから復刊されている。

 35:

 36:佳恵蔵書という蔵印とテープ跡がある。

 37:

 38:

 39:1997年9月1日発行の月刊予約・科学絵本「かがくのとも」通巻342号のペラペラ版。特製版は出ていない。

 40:房総むかしむかし絵本の第4巻。

 41:

 42:同出版社から、アンナちゃんシリーズだかのっぽのおじさんシリーズだかで、少なくとも4作品出版されているようで、大変気になるところ。リストアップしておきたい。

 43:2007年にブッキングで復刊されている。

 44:国土社の創作えほんの第1巻に相当。

 45:花岡大学作の絵本ということですぐ想像できるが、仏典絵本である。

今日買った本

■今日買った本。計108円。

 

a)ウィアードにて。→初入店、喫茶利用。本は買えるような買えないような感じ。

 

b)ブックオフ徳島住吉店にて。

1・ガルシア・パボン、中平紀子/高井清仁訳『雨の七日間 スペインの推理小説』西和書林 ¥108

 

c)ブックオフ徳島沖浜店にて。→本購入無し。

 

***

 

 一人の時間が久しぶりに持てたので、a)へ行ってみた。美味しいキーマカレーを食べて、本棚を店内の半分くらいチェックして、読書に勤しんだ。古本市をやる情報を得たので、ぜひ足を運びたいところ。その後、b),c)を巡回。

 1:西和文庫という名前の新書サイズの本で、その出版第二弾に当たる。何だか珍しそうなので買ってみた。著者の邦訳作品は、もう1冊白水社から出ているようだ。

今日買った本

■今日買った本。計864円。

 

a)ブックオフ徳島川内店にて。

1・三枝義浩『語り継がれる戦争の記憶 1』講談社漫画文庫 ¥108

2・水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎 5 妖怪大統領』ちくま文庫 ¥108

3・水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎 6 妖怪反物』ちくま文庫 ¥108

4~8・愛英史・原作、里見桂・漫画『ゼロ The Man of The Creation 24~26,30,59巻』集英社 各¥108

 

***

 

 年休を使って自動二輪車の運転免許を取得しに行き、その帰りにa)へ。漫画ばかりだが収穫あり。

 1:2篇を収録。いずれも横山秀夫・取材/脚本。2篇目の「戦火の約束」は、滝口岩夫著『戦争体験の真実』第三書館より、とあって、それが原作となっているようだ。一人の人間としてお互い会話できるようになれば、敵味方の線引きを融解できる、2篇共がそんな事例として読めた。逆に言うと、一人の人間として区別できない相手にレッテル(たとえば敵だというレッテル)を貼ることは危険である。

 2:108円で買えることが少ない水木しげる。知人間で回し読みしたい。表題作を読むと、名誉挽回と汚名返上をちゃんと理解した上で、鬼太郎が汚名挽回しているのに感心すると同時にさすが妖怪の論理は一味違うなあと。

 3:2と同様。

 4~8:シリーズ収集中の漫画。