yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

813

【813】モーリス・ルブラン 堀口大學訳 新潮文庫 ★★★ 2008.2.17 アルセーヌ・パンシリーズ

 

 「奇巌城」の後の冒険。創元推理文庫では、出ていない作品なので、間違えて先に、「金三角」を読んでしまっていたのだが、やっと本作品を読むことが出来た。ただ、うっすら予想していたものの、「続813」まで、冒険は連続しているようである

 変わり身の術的な演出は、一頃熱を上げていた叙述トリックに他ならない。今回の敵役は、全く神出鬼没で、機知にと行動力に富み、それでいて細心も持ち併せるということで、ルパンに触れ、擦れて青い火花散り煌く華麗な戦いが拝める。

広告を非表示にする