yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計1750円。

 

a)ブックマーケット滝川黄金町店にて。→初入店。

1・丸山健二『夏の流れ 丸山健二初期作品集』講談社文芸文庫 ¥50

2・加古里子『かこさとし・むかしばなしの本3 かいぞくがぼがぼまる』童心社 ¥700

3・金尾恵子『きのぼりこねこ』福音館書店 ¥200

4・ルース・エインズワース、荒このみ訳、山内ふじ江・絵『黒ねこのおきゃくさま』福音館書店 ¥200

5・松野正子、太田大八・絵『せかいいちのおんどり』福音館書店 ¥100

6・にいざかかずお・絵『とうだいのひまわり』福音館書店 ¥100

7・吉野公章、おのきがく・絵『しちめんちょうおばさんのこどもたち』福音館書店 ¥100

 

b)コスモスブックスにて。→初入店、わずかに古本コーナーがある、本購入無し。

 

c)ブックランド・バイにて。→初入店。

8・真島節子『あかいそり』福音館書店 ¥300

 

***

 

 滝川の街に寄ることができたので、この街で行きたい4店舗のうち、3店舗に行けた。まず市街の北側にあるa)をさっと見て、駅前のお菓子屋に寄るついでにb)へ。b)は、ショッピングセンター内にある新刊書店だが、セットの漫画本を中心にした古本コーナーがある。ここはとにかくそのことを確認できただけで、満足。c)は、奥行きのある古本屋で、絵本から文庫、単行本、漫画、雑誌、北海道本などいろいろ揃える店。c)の店の近く、少し南に歩いたところに、たい焼き屋があって、3匹づつ焼く型のものだが、古くから続いている店だそうで、それも見っけもんだった。

 1:初期代表作として7篇を収める。この価格は驚き。

 2:かこさとし・むかしばなしの本シリーズというのは、初めて見た。どろぼうがっこうのように薄汚いキャラクターがたくさん出てきて愉快。

 3:先日手放してしまった『おひるねこねこ』の対になる作品かも。きにのぼって、また降りてくるまでのお話。

 4:施しの心を試させる何かの化身のような黒ねこ。自分なら、ミルクまでで精一杯じゃないかな。

 5:偉ぶったおんどりが改心する話。世界一は自称してはいけない。めんどりは、他に選択肢がなかったのか。

 6:灯台のそばの家に住むなんて、なんだか羨ましい。意外な訪問者がときどき現れて、面白いだろうと思う。

 7:養子の親でも、親は親ということか。そんなことを感じながら読むと、静かに感じるものがある。

 8:1975年の作品。子どもが夜8時くらいに布団に入る。やっぱりこのくらい早寝でないとなあと思う。

広告を非表示にする