yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

チェスへの招待

【チェスへの招待】ジェローム・モフラ 成相恭二/小倉尚子訳 白水社文庫クセジュ ★★★ 2007.3.11

 

 そんなことで好きだといえるのか分からないが、そういえば自分がチェスを好きだったな、と時々思い出すことがある。本書を見つけたときも、そういえば、と思い出して、衝動的に買ってみた。

 あまりゲームそのものには触れず、どんな指し手がいたか、や、チェスの起こりと歴史の変遷などが綴られ、ルールを知らずとも読める内容。新書は分野を問わず誰にでも理解できる書き方をするものだとしたら、本書はばっちり成功していると思う。

 映像のチェスで紹介されていた映画を追ってみるのは面白そうだ。栞をつけてしまっておくことにした。

広告を非表示にする