yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計2511円。

 

a)第1回まつもとヒトハコ古本市にて。→初開催、初会場入り。

1・加賀乙彦『フランドルの冬』新潮文庫 ¥100 fuwakunoneko

2・ウィリアム・ギブスン、黒丸尚訳『ニューロマンサー』早川文庫 ¥300 ?

3・ジョージ・オーウェル、新庄哲夫訳『1984年』早川文庫 ¥200 osake

4・佐々木マキ、あまのあきこ・絵『MIRACLE BIRTHDAY(ミラクルバースデー)』ジー・シー ¥50 ?

5・澁澤龍彥編『変身のロマン』学研M文庫 ¥400 mask

6・ウォルター・ウェストン、青木枝朗訳『日本アルプスの登山と探検』岩波文庫 ¥300 pukkuhofu

 

b)たつのこ書店にて。→初入店、本購入無し。

 

c)アガタ書房にて。→初入店。

7・山田風太郎『首』現代教養文庫 ¥105

 

d)想雲堂にて。→初入店、喫茶利用、本購入無し。

 

e)ブックオフ松本筑摩店にて。→初入店。

8・マーガレット・ロウ、松野正子訳、津田櫓冬・絵『ジョーンとあひる』福音館書店 ¥108

9・神沢利子、あべ弘士・絵『くじらのあかちゃんおおきくなあれ』福音館書店 ¥108

10・シャーロット・ゾロトウ、みらいなな訳、タナ・ホーバン・写真『パリのおつきさま』童話屋 ¥200

11~14・山本忠敬『はたらくじどうしゃ』福音館書店 ¥400

15~17・福永武彥『福永武彥画文集 玩草亭 百花譜(上・中・下)』中公文庫 各¥10

18・イアン・マキューアン、宮崎孝雄『黒い犬』早川書房 ¥210

 

***

 

 初開催のa)へ行くのが今日の主目的だった。連休ということもあってか、たいへん盛り上がっていたと思う。b)は、絵本の新刊書店。欲しい本があり一旦お金を下ろしに行ったところ、他店で時間を使ってしまって、この日中に再訪できず。申し訳ないことをした。c)は、閉店してしまったと手元のメモにあったのだが、そんなことはなく?たまたま見つけることができたお店。d)は、カフェでありバーであり古本屋であるお店で、最近開店したそうだ。硬派は古本が多くて良い。カウンターの椅子も座り心地が良く、読書が捗った。e)は、一度会計を済ませた後にくじ引きをひいたところ、高額な割引券が当たり、再度欲しかった本を買うことができた。

 1は、武田泰淳『富士』を読んだ方におすすめということで買った本。そんな風に次に読む本を提案してくれるのは、とても嬉しい。

 2は、先日図書館のリサイクル本としてタダで入手した早川文庫の『ミラーシェード』というサイバーパンク・アンソロジーの序文を読んで気になっていた作品。今回のイベントでのテーマがSFということでこれを買えるのは嬉しかった。サイバーパンクの典型的作品らしい。裏の紹介文を読むと電撃的文体ということで、読むのが楽しみ。

 3は、ハヤカワepi文庫版で読むのは嫌だなあと思っていた作品。この版で見つかって嬉しい。

 4は、佐々木マキさんの作品ということで購入。文庫サイズのハードカバー。

 5は、未所有の澁澤氏の文庫本。

 6は、探検のキーワードが入ってることにより買った本。最後まで購入を迷った。

 7は、山田風太郎傑作選の1番目。氏のこの文庫における傑作選は全4冊で、私がこの傑作選の本を買うのは初。

 8は、色や順番を覚えるのにも良さそうなすっきりした物語絵本。津田櫓冬氏の絵は、明るい茶色の感じのものが多いのだろうか。

 9は、神沢さんが文ということで購入。

 10は、写真絵本。ゾロトウにこんな作品があったとは。セーヌの岸辺の本屋の写真などもある。

 11~14は、ペラペラ絵本が4冊箱に入ったもの。それぞれ『こうじばのくるま』『まちなかのくるま』『はこぶくるま』『しょうぼうじどうしゃ』。

 15~18は、行商用。

広告を非表示にする