yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計11107円。

 

a)ヤフオクにて。

1・小沢良吉・作/絵『じんごのはなし』福音館書店 ¥11107/3

2・小沢良吉・作/絵『とこまさのはなし』福音館書店 ¥11107/3

3・小沢良吉・作/絵『むっつりのはなし』福音館書店 ¥11107/3

 

***

 

 a)にて7/27に落札した本が本日届いた。1~3に分けているが、実際は、小沢良吉さく・え『三びきのねこのはなし』/全3冊 分配自由、と書かれた函入のもの。全3冊で、定価1350円。図書館でこの作品を見知ったときは、函は無かったので、函入で販売されていたことを知り嬉しい驚き。1975年発行。

 1:三びきのねこのはなし1。下町の三軒長屋に、三びきのねこが住んでいて、その右はしの家に住んでいたのが、「細工人(さいくにん)」のじんご。仕事が丁寧だが、凝り過ぎなところが玉に瑕。鼠取りの制作を頼まれて、使用者の手間を考慮しない非実用的な鼠取りを作ってきたりした。久しぶりに、鼠取りの制作依頼があり、鼠の結婚式場型の一網打尽を狙った鼠取りを開発するも、鼠の結婚披露宴の呼ばれて浮かれすぎたじんご自身が、自分で拵えた罠にはまってしまう笑い話。舞台は江戸時代風、登場人物(動物?)の着物や小道具が凝っているなあ。タイトル文字も、(ちょっと調べたのだけど)江戸文字というのか、配慮されたものがあって、実に良い。

 2:三びきのねこのはなし2。下町の三軒長屋の住むねこたちのうち、真ん中に住んでいる床屋のとこまさの話。仕事そっちのけで花を育てるのが好きで、朝顔のつるのことを考えながら、客の源さんのひげをあたっていたら、つるのようにぐるぐる巻きのひげに仕上げてしまう。その日は、夏祭りで、夕刻よりひげのじまん大会があり、飛び入りの源さんが、その奇抜なひげで、特別賞を受賞する。滑稽な落語のノリで、1の「じんごのはなし」よりも、すっきりした笑いを味わえた。

 3:三びきのねこのはなし3。