yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計3600円。

 

a)ネットoffにて。

1・ハンス・クリスチャン・アンデルセン・文、ヨゼフ・パレチェク・絵、石川史雅訳『はだかの王さま』プロジェクトアノ ¥740

2・ハリール・ジブラーン、神谷美恵子『ハリール・ジブラーンの詩』角川文庫 ¥198

3・平尾昌広『愛とか正義とか』萌書房 ¥1288

4・矢島正雄・作、上村一夫・画『夢化粧 2』秋田書店 ¥368

5・パーヴェル・バジョフ・作、芦川雄二・画、江上修代訳『石の花 ロシア・ウラル地方に伝わるおはなし』新読書社 ¥348

6・田辺聖子・編『わがひそかなる愉しみ』光文社文庫 ¥108

 

b)ヤフオクにて。

7・『週刊漫画Times 1978年2月17日号』芳文社 ¥550

 

***

 

 先日注文していたa)の本が本日届いた。b)は、本当は翌日届いたのだが、この記事と一緒に書いておく。

 1:カラフルな色使い。奇しくも少し前に同じヨゼフ・パレチェクの『イグナツとちょうちょう』を読んだばかりだった。やはり温かみを感じる絵だが、真実を捉えているこの童話は、何度読んでも痛烈さを失わない。

 2:某古本屋で個展されていたかた(もう名前を忘れてしまった)のある作品に、ハリール・ジブラーンの詩が関係しているという話を聞いて、気になっていた詩人。神谷美恵子の訳と解説文で読める文庫。元々みすず書房で出ていた『うつわの歌』という本に丸ごと収録されていた部分のスピンアウト出版ということだ。『予言者』(神谷美恵子預言者ではなく予言者と訳した)の中からの、「与えることについて」「苦しみについて」が胸に響いた。何か自分の持ち物を人に与えるときに、自分自身を与えるようでなければ、実際には少ししか与えていないものだという。多くの物を持っている者ほど、その者の中では相対的には少ししか与えていない。はっとさせられる指摘だが、解説にあるように、元々は聖書にあるルカ福音書二一の一〜四に、そのようなことが書いてある箇所があるようだ。全体に言葉が平易で、読みやすいので、次は船井幸雄訳の『預言者』を読んでみようかと思う。

 3:出版社名はきざししょぼうと読む。奈良の出版社だそう。本書は、著名な某ブロガーが勧めていて気になっていた本。

 4:リンク先では、作者の矢島正雄の情報が欠落している。行商用。

 5:ハードカバーの童話。童心社岩波書店からも出ているが、収録作品がどの程度一致しているかは不明。表題作は、クジャク石(マラカイトというようだ)の細工技師の話で、石のそのもの美を湛えた石の花を見たものは、山中の異界から人間界に帰ってこられなくなるという話。「空色のへび」「青い老婆シニューシカの井戸」などと共通して、自然の懐の深さ、それも畏れを抱かせるほどの深さを昔の人は今よりもずっと感じていて、そのことを聞き手にしっかりと伝え感じさせる力を持つ物語だった。「エルマクの白鳥」には、同時期に矢口高雄「トキ」を読んでいて、そちらでも鳥の羽根をお守りのように使う場面が出てくるので、共通点とその共通の場面に同時期に触れられた読書のタイミングの良さに驚いた。「エルマクの白鳥」「金の髪」「石の花」は、自然に対する人間の忍耐強さの大事さを物語っているようにも感じる。周囲の噂や評価に惑わされない真っ当な頑固者が、幸運を勝ち得るといった筋の物語グループとしても括ることができる。全体に読み応えありで、バジョフの書いた民話は、もう少し追いかけてみたい。

 6:元々「「光る話」の花束」という同じ光文社でのアンソロジーシリーズのうちの1冊として出たものが、文庫化したもの。『きのこる』で紹介されていた、加賀乙彦「くさびら譚」が読みたくて購入。

 7:単行本化されていない上村一夫「黄色いリボン」のVol.28「足止め列車」が読める。女優志願のリボンという名の少女?が主人公らしい。幼馴染で人気歌手となったチャコの付き人をしている。他作品の見どころとしては、蕪木一生/原作、ダイナマイト・鉄/劇画「怪物・江川卓」(連載第3回)という伝記的漫画や、わたせせいぞう「おとこの詩」(連載第6回)あたりか。後者は、わたせせいぞうと聞いて真っ先に思い浮かべるような1980〜1990年代にかけての漫画というよりイラストのような作品とは違って、東海林さだお西沢周平のような線画による風刺的な2ページの漫画作品なので、かつてはこういう作風でもあったのかというような発見がある。