yh氏の日記

主に買った本を、メモがてら、ずらずら書いていきます。他に言葉集めなど。過去記事鋭意編集作業中。

今日買った本

■今日買った本。計3870円。

 

a)ブックオフ徳島住吉店にて。

1・香川元太郎・作/絵、冨田幸光・監修『進化の迷路 原始の海から人類誕生まで』PHP研究所 ¥220

2・香川元太郎・作/絵、小野展嗣・監修『昆虫の迷路 秘密の穴をとおって虫の世界へ』PHP研究所 ¥220

3・田島征彦/木戸内福美・作『せきれい丸』くもん出版 ¥110

4・松谷みよ子・文、司修・絵『山をはこんだ九ひきの竜』佼成出版社 ¥210

5・今江祥智・文、太田大八・絵『ぼくだけのきょうりゅう』ベネッセコーポレーション ¥110

6・片山清司・文、白石皓大・絵『道成寺 大蛇になった乙女』BL出版 ¥110

7・クライド・ロバート・ブラ・文、舟崎靖子訳、市川里美・絵『はしって!アレン』偕成社 ¥220

8・サソン・スラザーコフ・作、松谷さやか訳、ベーラ・フレーブニコワ・絵『ラルーシとひつじのぼうや』福音館書店 ¥220

9・フランソワーズ・セニョーボ・文/絵、木島始訳『まりーちゃんとおおあめ』福音館書店 ¥220

10・ジャネット・ウィンター・作、前沢明枝訳『いつもみていた ゆめをかなえた女の子ジェーン・グドール』福音館書店 ¥220

11・ウェンディ=トクダ/リチャード=ホール・作、末吉暁子訳、ハナコ=ワキヤマ・絵『クジラのハンフリー』国土社 ¥220

12・ジューリア・ドナルドソン・文、アクセル・シェフラー・絵、永窪玲子訳『きつきつぎゅうぎゅう』ほるぷ出版 ¥220

 

 b)ブックオフ徳島沖浜店にて。

13・田島征彦・作『どろんこそうべえ』童心社 ¥530

14・H・A・レイ・文/絵、草下英明訳『星座を見つけよう』福音館書店 ¥540

15・野尻抱影『星三百六十五夜 春』中公文庫BIBLIO ¥100

16・野尻抱影『星三百六十五夜 秋』中公文庫BIBLIO ¥100

17・野尻抱影『星三百六十五夜 冬』中公文庫BIBLIO ¥100

18・森田草平『煤煙』岩波文庫 ¥100

19・マハートマ・ガンディー、森本達雄訳『獄中からの手紙』岩波文庫 ¥100

20・鬼亙宇太郎・著、水野良太郎・画『パズル中毒本 3分間必殺ゲーム』ワニ文庫 ¥100

 

***

 

 久しぶりに街に出たついでに、a),b)の店をはしご。アプリ会員になったおかげで、a),b)各店舗で使える¥100引きクーポンがあったので、それぞれ利用した。b)の店では、DVD『真昼の決闘』を¥110で購入したが、それはリストには加えていない。

 1:

 2:

 3:木戸内福美は、きどうちうよしみ、と読む。

 4:朝鮮の民話絵本シリーズ。昔、天にいる九匹の竜が、いたずらしたくなって地上に降りてきて、山を勝手に運んできて、別の場所に置いた。すると、人間たちがこの山はもともとこっちの国のものだ税金を払えとか、払う必要はないとか、いろいろもめて、それを見ていた竜たちは面白がった。また山を運んだりちょん切ったりして、いたずらを続けていたところ、ある水汲み女が、竜たちのことを犬みたいと言ったのが、よほど恥ずかしく思ったのか、竜たちはその水汲み女ともども石になってしまった、という話。線と線をたくさん交差させて、できた三角や四角に色を塗ったり塗らなかったりした、軽快な音楽のような絵が、やはりテンポのよい物語によく合っていると思う。マウスで描いたのかなあ。新しい本だけにつるつるしているが、そんな触感もこの物語と絵の感じに合っている。

 5:

 6:

 7:

 8:

 9:

 10:

 11:ニュース絵本シリーズ1。

 12:一人暮らしでのおばあさんが自宅が狭いというので、物知りおじいさんに相談する。家畜を次々家に入れるよう助言され、言う通りにして、きつきつぎゅうぎゅうを味わい尽くしたあとに、物知りおじいさんにその家畜たちを追い出すように言われ、元通りになっただけなのに、何だか家が広々として感じられて、ハッピーエンドという錯覚話。でも、にわとりにはポットを壊されたりして、そのポットを捨てたのなら、物が減った分、きつきつぎゅうぎゅう感が減ったかも。絵を描いた方は、『4人のちびっこ、世界をまわる』の絵の人だった。調べるまで、気づかなかった。評論社から、結構な数の作品が出版されている。

 13:

 14:

 15:帯無し。

 16:帯付き。

 17:帯付き。

 18:

 19:

 20: